頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 症状・原因・ケア方法…首のヘルニアQ&A » どんな症状が出る?

どんな症状が出る?

頸椎椎間板ヘルニアにかかることで首に起きる症状をまとめています。

首に起きる症状:頸椎ヘルニアの場合

首の痛みや肩こりなど、頸椎椎間板ヘルニアの症状について解説します。

頸椎ヘルニアは椎間板が損傷した位置によって、症状が出る箇所が変わります。上部の異常は首や肩、下部の異常は腕や指に痛みや痺れが出ます。

ボタンかけや箸など細かな手先の動作がにしくい、巧緻(こうち)運動障害も代表的な症状です。

また、知覚神経が圧迫されると、感触がわからなくなり、冷たさや温かさを感じにくくなることがあります。そして、圧迫箇所が大きく広い場合には上半身にとどまらず、歩行障害や尿失禁など下半身まで症状が出ることもあります。

頸椎椎間板ヘルニアの主な症状
  • 肩、上腕、肩甲部の痛みやしびれ、脱力感
  • 感覚が鈍くなる
  • 頭痛やめまい
  • 視力低下
  • 肩こり
  • 頭がぼんやりする
  • 歩行障害
  • 尿失禁
  • 筋力の低下
  • 首を後ろに反らすと肩甲骨や手指に痛みやしびれが走る
  • ボタンかけ、ハシの使用など手先の細かな動作がしにくい

ヘルニアの進行度と症状

ヘルニアは進行度によって症状が違う

人間の頸部には、脊髄を収める骨(脊椎)が通っています。脊椎は全部で7つあり、その間に椎間板と呼ばれる組織が存在しています。ここで、何らかの原因でこの椎間板が圧迫されると、「頸椎椎間板ヘルニア」と呼ばれる症状が起きることがあります。

首の後ろということで、軽いコリのような症状が出るところからスタートしたり、人によっては瞬間的に強い痛みを生じることもあります。

ヘルニアといっても人それぞれで状態は異なるため、痛みを感じたら早急に病院を受診し、正しく症状を見極めて治療を開始するようにします。

頸椎椎間板ヘルニアを放置していると、症状が段階的に進行していく可能性もあります。

各進行度の症状と改善策

頸椎椎間板ヘルニアの症状は大きく分けて2つ。一つには、肩や手などに痛みなどを生じるもの、もう一つは両手などにしびれ、もしくは細かい動作がしにくくなるといったトラブルを伴う場合です。

痛みやしびれの程度には差があり、人によっては激痛と感じたり、ほとんど問題のない鈍痛から始まることもあります。以下からは、段階的に各進行度の症状について見ていきたいと思います。

  • 1、初期
    初期段階の頸椎椎間板ヘルニアでは、首もしくは肩などに違和感や鈍痛を覚えるところから始まります。安静にしていれば消失する程度の症状で、ここで医師の指示にしたがっていれば1週間から8週間程度で症状は改善に向かいます。
  • 2、中期
    中期の段階では、痛みやしびれなどが生じてきます。鈍痛からはっきりとした痛みに変わったり、しびれを併発するなど物理的な障害を感じるようになります。

    治療期間は初期と同じく1週間から8週間程度となりますが、どの程度で治療を止めるかについては人それぞれの状態にもよります。

    痛み止めなどを服用しつつ、リハビリテーションで治療を行ったり、安静にする期間を長くして様子を見るといった治療方法がとられます。
  • 3、後期
    後期に入ると、いよいよ痛みやしびれの程度が増し、手術による治療が必要となります。この段階になると首を動かすこともスムーズではなくなり、一刻も早い治療が必要と判断されます。

    2週間程度の入院を行い、その間に患部の手術および治療を行います。薬物療法とリハビリテーションを組み合わせて行うのが一般的ですが、予後にも配慮しなければなりません。

    退院後も定期的に病院に通い、様子を見ながら治療を行いますので、トータルでの治療期間は数ヶ月から1年程度に及ぶこともあります。

頸椎椎間板ヘルニアは初期から後期にかけて3段階に分けられますが、症状を早期に発見することができれば、経過観察のみで完治する場合もあります。

一般的に、上肢に向かって痛みが出るだけであれば、保存療法や自宅などでの安静によって症状が改善する場合が多いと言われています。

それ以上の段階になると、本格的に薬物療法やリハビリテーションを検討しなければならない段階に入りますので、痛みの出ていない軽いうちから治療に入ることが大切です。

ヘルニアは症状が進行すればするほど時間がかかるので、早めに専門医に相談を

ヘルニアが起きてしまったら、症状を進行させないように安静を心掛けることが第一となります。 痛みが出ていても「放っておけば治る」と過信せずに、早めに専門医に相談を行うようにしましょう。

頸椎椎間板ヘルニアの発見は、X線撮影や脊髄造営、CTスキャン、MRIなどを用いて行われます。専門医でなければこれらの設備が備わっていないため、リハビリ専門医や整体などではなく、専門医の受診が確実です。

保存療法などの治療を長い目で行っていけば、患部は快方に向かっていきます。

必要に応じて消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などを使用することもありますが、症状に応じてさまざまな治療法がとられますので、少しでも頸椎に不安を感じたら、検査用設備を備えている病院で相談されることをおすすめします。

頸椎ヘルニアの名医がいる病院を紹介しています

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド