頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 症状・原因・ケア方法…首のヘルニアQ&A » どんな症状が出る?

どんな症状が出る?

頸椎椎間板ヘルニアにかかることで首に起きる症状をまとめています。

首に起きる症状:頸椎ヘルニアの場合

首の痛みや肩こりなど、頸椎椎間板ヘルニアの症状について解説します。

頸椎ヘルニアは椎間板が損傷した位置によって、症状が出る箇所が変わります。上部の異常は首や肩、下部の異常は腕や指に痛みや痺れが出ます。

ボタンかけや箸など細かな手先の動作がにしくい、巧緻(こうち)運動障害も代表的な症状です。

また、知覚神経が圧迫されると、感触がわからなくなり、冷たさや温かさを感じにくくなることがあります。そして、圧迫箇所が大きく広い場合には上半身にとどまらず、歩行障害や尿失禁など下半身まで症状が出ることもあります。

頸椎椎間板ヘルニアの主な症状
  • 肩、上腕、肩甲部の痛みやしびれ、脱力感
  • 感覚が鈍くなる
  • 頭痛やめまい
  • 視力低下
  • 肩こり
  • 頭がぼんやりする
  • 歩行障害
  • 尿失禁
  • 筋力の低下
  • 首を後ろに反らすと肩甲骨や手指に痛みやしびれが走る
  • ボタンかけ、ハシの使用など手先の細かな動作がしにくい

ヘルニアの進行度と症状

頸椎ヘルニアは、まずは肩こりや首の痛みなどの症状から始まります。症状が進行すると、上半身の神経が圧迫され、首や肩、腕、指へのしびれや痛み、筋力低下などの症状が出てきます。

悪化すると、手先の細かな動作がしにくくなる巧緻(こうち)運動障害、そして歩行障害、尿漏れなどの脊髄の異常が加わってきます。

ヘルニアは症状が進行するほど治療に時間がかかります。

腰と違って頸部のヘル二アは初期症状が軽いという特徴があります。最初は「肩こりがひどくなった」「寝違えた」と思いこみ、症状が悪化する方も少なくありません。

特に麻痺などの脊髄の異常が出ている場合、回復が難しい場合もあります。首や肩に違和感を感じたら、早めに専門医がいる病院を受診しましょう。

頸椎ヘルニアの名医がいる病院を紹介しています

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド