頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる

頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる

このカテゴリでは、頸椎椎間板ヘルニアの治療の名医を地域別で紹介します。

頸椎椎間板ヘルニア手術の名医の基準とは?

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の病気。つまり、背骨の一部が損傷しているという病気です。

保存療法でも有効性がない場合には、手術で治療せざるを得ません。しかし、背骨の手術には、とても高い技術が必要とされます。なぜならば、背骨には脊髄が通っているからです。

万が一手術でミスがあった場合、重篤な後遺症を一生涯抱えていかなければなりません。

もちろん人間のやる手術ですから、100%大丈夫ということはないでしょう。症状も患者それぞれ異なりますから、まったく同じ手術というものは存在しません。

しかしながら、もし本当に手術をやる場合には、やはり少しでもリスクの少ない病院、リスクの少ない名医の手によってやってもらいたいもの。

単に病院の規模などで病院を選ぶのではなく、さまざまな観点から病院を選びたいものです。

たとえば、これまでの治療実績・手術実績。症例数の多さが、通常は施術力の高さに比例します。

また、どのような学会に所属しているか。さらに、その学会から、きちんと専門医として認定されているかどうか。

さらに、手術前のリスク説明はしっかりと行ってくれるか。
いわゆるインフォームドコンセントは、とくに脊椎の手術をする上では、とても大事です。

そして何より大事なのは、実は口コミ

どんなに立派な実績を持っていても、どんなに数多くの学会に所属していても、一番説得力があるのは、実際に手術を受けた人たちからの口コミではないでしょうか。

以上の観点を踏まえて、このカテゴリでは、頸椎椎間板ヘルニアの手術で名高い名医を、地域別で紹介します。

頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる学会

椎間板は多くの場合、脊髄がある方向に飛び出すことが多いものです。外科的な手術で、飛び出したヘルニアを除去するなど、症状が酷くなると手術が必要になります。

しかし、大事な脊髄が通っている部分の傍にメスを入れるのです。治療のためとはいえ、手術を受けるのには、心配事も多いのではないでしょうか。

そこで、頚椎椎間板ヘルニアの治療を専門としている医師が所属している学会を二つ、ご紹介しましょう。

日本整形外科学会

骨や関節の治療を行うことを専門としているのが、整形外科医です。そのため、頚椎椎間板ヘルニアの治療行う診療科の一つに、整形外科があります。そして、多くの整形外科医が所属する学会に日本整形外科学会があります。

最近の医療の世界では、治療の際にメスを入れる箇所や大きさを出来るだけ少なく小さくしようとする傾向が見られます。

そのため、頚椎椎間板ヘルニアの治療にも、内視鏡といって胃カメラの時に使うような機器を使い治療することが増えてきています。

日本整形外科学会の中では、リウマチやリハビリテーション、スポーツ、などそれぞれの専門医がいます。そして、日本整形外科学会内部でそれぞれの部会があり、認定医制度を設けています。

医師の氏名や所属する病院は、地域ごとに分けて学会のホームページ上で確認することができます。

日本脊椎脊髄病学会

脊椎と、その中の脊髄を専門的に治療する医師の多くが所属しているのが、日本脊椎脊髄病学会です。

この学会では、「指導医」制度を設けています。若手医師や、新たにこの分野の治療に携わろうとする医師に指導するために必要な専門的な知識や技術を持っている医師のことを指導医として認定しています。

特に、首の部分では、骨も椎間板もとても小さいです。また、骨にある脊髄を通す管と、脊髄との隙間も、とても狭いのが特徴です。そのため、背骨の治療をする際に、脊髄や脊髄から出る神経を傷つけてしまうことがあります。すると、腕や脚が動かなくなったり、しびれや痛みのような症状を引き起こす麻痺を起こす危険性があるのです。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法は、日々進歩しています。新たな治療法も生まれ、その効果や、手術による合併症について、学会を通じて医療機関をまたいで統計が取られたりすることもあります。

指導医制度を設けることで、新たな治療法の伝達を行うことも、学会の目的として存在しています。

頚椎椎間板ヘルニアの治療を受けるとき、医師にしておきたい質問

どのような治療法、手術であっても医師は必ず患者さんご本人やそのご家族に説明をした上で、同意を得る必要があります。(インフォームドコンセント)

その際に、医師にしておきたい質問をいくつかご紹介しましょう。

合併症について

一つ目は、手術によって好ましくない症状が新たに生まれてしまう可能性です。合併症などと呼ばれることもあります。合併症は、必ず生じるという訳ではありません。どれくらいの確率で合併症が生じるのか、また、どのような症状が予測されるかについて聞いておきましょう。

術後、回復までに何日くらいかかるのか

二つ目は、手術後は何日後に動けるようになるか、退院できるかについてです。手術の際に、どれくらいの組織に傷をつけるのかによって、手術後に必要となる安静の日数が異なります。多くの人は、出来るだけ早く動き退院したいと望むものです。

術後の治療・リハビリについて

三つ目は、手術後に必要となる治療についてです。多くの場合、手術前に生じていた筋力の低下や首から肩にかけての筋肉の痛みやコリを和らげるために、リハビリが行われます。 時に、退院後もリハビリが必要となることがあります。

手術前後で気になることは、きちんと聞いておくことをおススメします。ちなみに、手術にかかる費用や、助成制度については社会福祉士に相談すると良いでしょう。

東京ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

東京にある頚椎椎間板ヘルニアの名医、患者さんに負担の少ないPLDD法による治療を行っている「北青山Dクリニック」、一泊二日の短時間での治療が可能な「医療法人財団岩井医療財団 岩井整形外科内科病院」、頸椎治療の専門医である「品川志匠会病院」の3つが挙げられます。いずれも執刀実績が豊富であり、信頼性の高いクリニックです。

「東京ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医 」の詳細をチェック>>

大阪ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

大阪の頸椎椎間板ヘルニアの名医には、PLDDレーザー治療の専門医院であり6000件を超える症例実績を持つ「伊東くりにっく」、内科・整形外科の専門外来と連携して治療を行っている「清恵会病院」、関西の整形外科分野における名医として広く知られる「JCHO 大阪病院」が挙げられています。

「大阪ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医 」の詳細をチェック>>

名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

名古屋エリアの頸椎椎間板ヘルニアの名医には、最小侵襲脊椎手術を専門としている「伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック」、MEDや早期回復プログラムを実施している「はちや形成外科病院」、PLDDレーザー装置によるヘルニア治療がうけられる「さくら整形外科・眼科」の3院が広く知られています。

「名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医 」の詳細をチェック>>

福岡ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

福岡の頸椎椎間板ヘルニアの名医は、専門医による脊髄脊椎外科医療チームを持つ「社会医療法人財団池友会 新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター」、国内唯一の急性期治療~リハビリまでの一貫遅漏を担う「独立行政法人 労働者健康福祉機構 総合せき損センター」、福岡市内でトップのヘルニア手術実績を持つ「医療法人佐田厚生会 佐田病院」の3院が挙げられています。

「福岡ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医 」の詳細をチェック>>

神奈川ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

神奈川の頸椎椎間板ヘルニアの名医は、最新の検査機器を積極的に導入し、常に安全で確実な手術方法を提案する「新横浜志匠会病院/新横浜スパインクリニック」、毎週2回のカンファランスを行って情報共有を怠らない「独立行政法人 労働者健康安全機構 関東労災病院」、外来受診者数が1日約200名を超える「国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院」の3院が挙げられています。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド