頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド

痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州

頸椎椎間板ヘルニア完治への最適な選択は「手術」

首を痛めた男性イメージ頸椎椎間板ヘルニアとは、首の骨と骨の間にある軟骨・椎間板の組織がこわれることで、脊髄や神経が圧迫されて痛みが生じる病気。症状が酷いと歩けなくなったり、一人で生活できなくなることもあります。

頸椎椎間板ヘルニアを治すには手術が最適です。しかし、その選択肢は少なく、比較的大きな手術しかないのが現状。つまり、頸椎椎間板ヘルニアの手術は、より高い技術が要求されるということです。
そのため、病院選びは、より慎重に行う必要があります。

このサイトでは、頸椎椎間板ヘルニアの原因や症状、予防法についてまとめています。また、治療法や手術の方法、評判の医療機関も厳選して紹介しています。

手術で頸椎椎間板ヘルニアを治してくれるおすすめの病院5選

頚椎椎間板ヘルニアの対処法【メリットとデメリット】

頚椎椎間板ヘルニアには対処法がいくつもあります。そのなかでも代表的な方法のメリットとデメリットを紹介いたします。

対処法 メリット デメリット
外科手術 もっとも確実な治療法 一般的な手術と同等
保存療法 メスを入れないので体への負担が少ない 対処療法なので効果は一時的
サプリメント 料金が安い 効果の信頼性は低い

頚椎椎間板ヘルニアでもっとも効果的な方法は手術による治療です。手術は怖いと思われるかもしれませんが、今の痛みがなくなることを考えると選択肢に入れてもよいのではないでしょうか。

手術以外の方法もありますが、どれも根本的な解決になるものではありません。今の痛みをずっと引きずるよりも手術を選んだほうが、生涯的な負担は軽くなります。

メリット・デメリットは?頸椎椎間板ヘルニアの手術方法

代表的な頸椎椎間板ヘルニアの手術方法を紹介します。

それぞれの手術方法には、費用、入院期間、痛みを完全に除去できるかなど、それぞれメリット・デメリットがあります。術後の入院期間が短い方がいいのか、ヘルニアを完治させたいかなど、希望の条件に合った手術方法をとっているを選びましょう。

手術法 特徴
減圧手術
(PLDD法など)
身体を切開することなく、レーザーなどで椎間板の内圧を減らし、突出しているヘルニアを引っ込める手術です。
<メリット>
身体への負荷が少ないため、日帰りでの手術が可能。
<デメリット>
高度な技術が求められる上に、進行度合いによっては効果が出ない可能性がある。
自由診療なので、高額な治療費が必要。
摘出手術
(LOVE法など)
飛び出した髄核の一部を切除し、圧迫されている神経根の負担を減らす手術です。
<メリット>
摘出手術の約7割を占めるLOVE法は、保険診療が適応される。
<デメリット>
身体への負担が大きく、入院期間が長くなる傾向がある。
切開手術
(固定術など)
痛みの原因となる椎間板などを、切開・切除し、患者本人の骨や人工骨を移植して患部を固定する手術です。
<メリット>
痛みが完全になくなる可能性が高い。重度のヘルニア治療に有効。保険診療が適応される。
<デメリット>
高度な技術が必要とされる。

何度も言いますが、頸椎椎間板ヘルニアの手術には高い技術が要求されます。実績豊富な病院での治療をお勧めします。

頸椎椎間板ヘルニアの治療で全国有数の実績を持つ病院はこちら

そもそも椎間板ヘルニアとは?

椎間板の老化やケガ、姿勢などが原因で、椎間板の中の髄核が飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言います。飛び出した髄核が神経根を圧迫するため、肩、腕、手などに痛みや麻痺などの症状が現れます。

症状が軽度であれば保存療法で対処できますが、重度にまで進行すると手術でしか治すことができません。

重度のヘルニアになると、手や足を思うように動かせなかったり、手足の麻痺、足がもつれる、尿意がコントロールできない、強い痛みなどの症状が出ます。特に麻痺がある場合、放置しておくと脊髄の神経細胞が死んでしまうため、早急に手術を受けなければいけません。

ただし治療を受けられる病院の中には、手術に消極的なところもあります。また、逆に軽い症状なのに手術を勧められるといったこともあるので、病院選びは慎重に行いましょう

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド