頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 症状・原因・ケア方法…首のヘルニアQ&A » 治療の流れや治療期間は?

治療の流れや治療期間は?

頸椎椎間板ヘルニアの治療の流れ、一般的な治療期間などについて、分かりやすく症状の段階ごとに解説します。

【治療の流れと治療期間】頸椎椎間板ヘルニア・初期段階

ヘルニアも初期段階の症状であれば、首や肩に違和感があるといった程度。とくに薬物や外科的な治療は必要としません。医師の指示にしたがって、基本的には安静にします。

安静を要する期間は、大体1~8週間程度。患者の半数以上は、この期間内に症状が改善します。

仕事など止むを得ず動かなければいけない理由があったり、痛みが激しくなった場合に備えて、痛み止めをもらっておきます。

安静にしているだけで症状が改善されない場合、次の段階の治療が必要となります。

【治療の流れと治療期間】頸椎椎間板ヘルニア・中期段階

首や腕などに、痛みやしびれが生じます。基本的には、痛み止めを服用しながら、症状が改善するのを待つという保存療法になります。薬を服用していても、基本は安静にしなければいけません。

投薬治療による期間も、1~8週間程。ただし、どの程度の改善で治療を止めるかについて、患者の意志によるところが大きいです。患者が「痛い」と感じれば、医師も薬を処方せざるを得ないため、治療期間は長引きます。

中には、数年間も服用を続ける方もおり、長期的な痛み止めの服用による副作用も懸念されるため、医師の指示に従って適切な時期に中止しましょう。

なお、薬の服用とあわせて通院によるリハビリを受ける人もいます。リハビリによる治療期間は、週3回通院したと仮定して約4週間はかかります。

【治療の流れと治療期間】頸椎椎間板ヘルニア・後期段階

歩行困難、排尿困難といった重症段階に入ると、手術による治療が一般的になります。さまざまな手術法がありますが、詳しくは別のページを参照してください。

手術方法や術後の経過により、入院期間は大きく異なりますが、一般的には2週間程度の入院治療が必要となります。その間も、薬物療法や理学療法(リハビリ)などを行います。

退院しても、リハビリや薬物投与を継続的に行う必要があるため、治療期間はトータルで、数か月におよぶと考えましょう。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド