menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 東京ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

東京ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

東京都内で頸椎椎間板ヘルニア手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から東京の名医を探そう
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

岩井整形外科内科病院

早期回復が見こめる低侵襲手術に力を注力

岩井整形外科内科病院公式サイト
引用元:岩井整形外科内科病院HP
https://www.iwai.com/iwai-seikei/

岩井整形外科内科病院を含む岩井グループでは、2017年の脊椎内視鏡下手術の手術数は日本全国17,022件のうち、2,215件(11.51%)を実施。脊柱固定手術については国内症例の約4割を実施しています(日本整形外科學會雜誌 第93巻 第1号、脊椎内視鏡下手術実施状況調査による)。メディアに取り上げられることも多く、グループの中でも岩井整形外科内科病院は、ヘルニア治療に特化した病院といえます。

外科手術による治療においては、高度な技術を必要とするMECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)や頚椎椎弓形成術を採用。患者にとって体に負担が少なく、早期回復が見こめる低侵襲手術を積極的に取り入れているため、遠方から訪れる患者さんも少なくありません。

注目の

MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)

症例数:4
(2018年11月の数値)

MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)とは

体への負担が少ない低侵襲手術の新しい治療法で、18ミリ程度の切開をし、内視鏡を用いてヘルニアを摘出します。
全身麻酔で頸椎後方から18ミリ程度皮膚を切開、骨の表面の組織を剥離し、内視鏡を固定して止血しながら筋層を切除し椎弓を削る⇒椎間孔の出口まで切除を進めることで除圧でき、神経の圧迫が取れます。筋層を縫合して終了。ドレーンを2日間留置。手術時間は30分程度、入院は5日~8日間程度となります。

MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)
引用元:岩井整形外科内科病院公式サイト
https://www.iwai.com/iwai-seikei/shujutsu/mecd.php
メリット
  • 皮膚切開は18mmと傷が目立たない
  • 基本的には術後のカラーの装着が不要
  • 体内に異物を残さないので、術後感染が少ない
  • 隣接椎体障害が長期的に生じる可能性が少ない
  • 脊柱の安定性を損なうことが非常に少ない
デメリット
  • 1週間程度の入院が必要
  • 食道や気管、頸動脈などを傷つけてしまうことがある
  • 医師の技術力や経験が不足していると重大な事故を起こす可能性もある

入院・手術費用:250,000~300,000円

保険診療適用(3割負担)

岩井整形外科内科病院の
注目の医師紹介

Doctor

高野裕一医師

高野裕一医師は、内視鏡を用いた低侵襲手術をいち早く取り入れてきました。脊椎の治療で何か月も入院する必要があった以前、長期の入院は患者の体や心に負担が大きいと考え、傷口が小さく早期回復が可能な内視鏡手術に注目。その結果、MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)などの低侵襲で効果的な治療方法を患者に提供できるようになりました。

経歴

新潟大学医学部医学科卒業
新潟大学医学部医学科大学院入学
インディアナ州立インディアナ大学勤務
新潟大学医学部医学科大学院卒業
秋田赤十字病院 新潟大学医学部附属病院等で勤務
平成22年 岩井整形外科内科病院 整形外科部長就任
平成26年 岩井整形外科内科病院 副院長就任
平成27年 岩井整形外科内科病院院長就任

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本リハビリテーション医学会専門医
新潟大学医学部非常勤講師

     
クリニック情報
所在地 東京都江戸川区南小岩8-17-2
アクセス JR総武線「小岩駅」から徒歩約4分
電話番号 03-5694-6211
診療時間 午前08:30 ~ 11:00、午後13:00 ~ 16:30
休診日 日曜・祝祭日・土曜午後

岩井整形外科内科病院の公式サイトはこちら

岩井整形外科内科病院に電話で問い合わせる

品川志匠会病院(東京)

脊椎疾患に特化した手術を行う病院

品川志匠会病院公式サイト
引用元:志匠会HP http://www.shisyokai.jp/

品川志匠会病院は、2013年11月に開院した脊椎疾患に特化した手術を行う専門病院です。 日本脊椎脊髄病学会指導医の大田院長をはじめ、高度な技術を持った医師が在籍しており、看護師などスタッフの専門性も高いと評判です。そのため、セカンドオピニオンを目的とする人も少なくありません。

注目すべきは圧倒的な手術の実績。読売新聞社発行『病院の実力 2018年総合編』によると、品川志匠会病院の首・腰の手術数は、2017年1月~12月の1年間で総手術数1,267件、うち頸椎に関する手術は433件にのぼります。 主に行っている手術は、椎弓形成術、前方固定術、頸椎後方固定術、MacF(マックF)など。

注目の

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)

症例数:199
(2018年1~12月)

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)とは

顕微鏡下において前方からアプローチする椎間孔拡大術。
喉を3センチほど切開、顕微鏡下で頸椎の前側からドリルで穴を開け、椎間板をできるだけ温存させながら、神経根を圧迫している骨棘・椎間板ヘルニアのみダイレクトに取り除いて除圧する手術です。

MacF(イメージ
引用元:志匠会HP「顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術について」
http://www.shisyokai.jp/macf
メリット
  • 神経根を圧迫する骨棘やヘルニアを直接摘出できる
  • 数か月から2年間は症状改善が見込める
  • 頚椎を削る量が少なく、人工骨やケージの移植は不要
  • 術後も関節の機能をある程度保持できる
  • 前方固定術よりも切開が少なくて済む
  • 入院期間が短い(2~5日)
  • 保険が適用
デメリット
  • 術後に関節の変形を生じることがある
  • 術後軽度の眼瞼下垂を生じることがある
  • 椎骨動脈の近くを削るため、動脈出血が起こることがまれにある
  • 全身麻酔で行う

手術費用:保険適用

MacFのような先進的で低侵襲な手術の場合、一般的に高額な自費診療となりますが、保険診療で行っています。詳細については公式サイトに記載はありませんでした。

そのほかにかかる費用

入院費用:5日間の場合(差額)
4人部屋16,200円、個室(トイレ付)86,400円、個室(トイレ&シャワー付)97,200

品川志匠会病院の
注目の医師紹介

Doctor

大田快児医師(院長/志匠会グループ理事長)

品川志匠会病院の院長であり、志匠会グループ理事長も務める大田快児医師は、日本脊椎脊髄病学会の指導医。脊椎の病気に関しては豊富な実績と知識を備えている専門医で、頸椎椎間板ヘルニアについても多くの執刀実績を誇ります。

略歴

平成2年3月 卒業
岸和田徳洲会病院勤務
フジ虎ノ門整形外科病院診療部長
アイ整形外科クリニック院長
新横浜スパインクリニック院長

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊椎病医
日本整形外科学会員
日本脊椎脊髄病学会員
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会員

     
クリニック情報
所在地 東京都品川区北品川1-29-7
アクセス 京浜急行線 「北品川駅」「新馬場駅」から 徒歩5分
JR線・京浜急行線「品川駅」から タクシー5分
りんかい線「 天王洲アイル駅」から タクシー8分
電話番号 03-5781-0700
診療時間 (受付時間)8:00~12:00、14:00~17:00 ※月曜日午後のみ大田院長完全予約制
休診日 日曜日、祝日

品川志匠会病院の公式サイトはこちら

品川志匠会病院に電話で問い合わせる

八王子脊椎外科クリニック

身体に優しい手術をおこなう脊椎脊髄外科クリニック

八王子脊椎外科クリニック公式サイト
引用元:八王子脊椎外科クリニックHP https://www.hachioji-spine.jp/

八王子脊椎外科クリニックは、平成25年に開院した脊椎脊髄外科に特化した専門施設です。 最新の設備と経験豊富な医師による、体に負担の少ない「低侵襲手術」で質の高い医療を提供。高齢の患者や重症患者も受け入れる体制を整えています。

森俊一院長が治療の方針として掲げているのが「治る治療」、「患者さんの希望に沿ったオーダーメイドの治療」。頸椎椎間板ヘルニアの治療に関しては、圧迫された神経を必要最小限に除圧する体に負担の少ない手術を行っています。

注目の

後方除圧術

症例数:51
(平成30年1~12月)

後方除圧術とは

全身麻酔を行った状態で、頸部後方から原因となっている部分を除去したり、脊柱管を物理的に拡げて脊髄や神経根への圧迫を取り除く手術。首から腕にかけてのしびれや痛みを軽減させることが目的の治療で、脊椎分野において最もスタンダードな手術で、切開手術の中では比較的患者さんへの負担の少ない手術です。

MECD(内視鏡下頚椎椎間板摘出手術)
引用元:八王子脊椎外科クリニック公式サイト
https://www.hachioji-spine.jp/surgery/
メリット
  • 患部の痛みやしびれが軽減される
  • 一度にすべての椎間を手術できる
  • 再発が非常に少ない
  • 術後3~7日程度の入院治療と、早期回復が可能
  • 椎弓形成術は頸椎の手術の中でも成功率が高い
デメリット
  • 脊髄や神経根が損傷してしまう可能性がある
  • 移植をする骨を採取した骨盤に血腫・感染・痛みなどが出る可能性がある
  • 麻酔薬などの影響により、肝機能・腎機能障害が出る可能性がある
  • 血管内に血栓を生じることがある

手術費用:保険診療(3割負担)

八王子脊椎外科クリニックの
注目の医師紹介

Doctor

森 俊一医師

八王子脊椎外科クリニックの院長である森俊一医師は、脊椎由来の疾患を専門に治療しています。 「治る治療」「患者さんの希望に沿ったオーダーメイドの治療」を治療方針に、より正確で負担の少ない手術をおこないます。

経歴

愛媛大学医学部卒業
フジ虎ノ門整形外科病院 整形外科
帝京大学溝口病院 整形外科
JAさいたま厚生連 幸手総合病院 整形外科 診療部長
鎌ヶ谷総合病院 脳神経外科脊椎センター センター長

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
SOLAS 認定医師
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター

     
クリニック情報
所在地 東京都八王子市万町173-1
アクセス JR八王子駅南口 徒歩10分
京王線京王片倉駅 徒歩11分
電話番号 042-655-5566
診療時間 午前9:00~11:30、午後14:00~17:00 ※月曜・土曜午前:初診・再診とも受け付け
休診日 日曜・祝日

八王子脊椎外科クリニックの公式サイトはこちら

八王子脊椎外科クリニックに電話で問い合わせる

北青山Dクリニック

高レベルな医療を身近に受けられるクリニックを目指す

北青山Dクリニック公式サイト
引用元:北青山DクリニックHP https://www.dsurgery.com/

北青山Dクリニックは、大学病院や機能病院でなければ受けられない高品質・高レベルな医療を、身近に受けられる環境を目指しているクリニック。先端医療の開拓にも日々努めています。

椎間板ヘルニア治療のほか、がん遺伝子治療、下肢静脈瘤治療、消化管内視鏡、キレーション、美容医療、再生医療、人間ドッグなどに対応。 医師チームも外科医である阿保院長のほか、脳神経外科、循環器内科、消化器科、呼吸器内科、皮膚科、形成外科、産婦人科の医師で構成されています。

メインで対応している

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

症例数:不明

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

PLDDは、重症度が中程度までの患者さんに適応する治療法で、治療が難しかった椎間板ヘルニアを15分程度の施術によって治療する方法です。
椎間板の中にレーザー針を刺入して、飛び出したヘルニアの髄核(椎間板内のゼラチン状の物質)にレーザーを照射。照射して空けた空洞は時間とともに縮退・消失し、椎間板ヘルニアも縮小して、神経への圧迫を減らして痛みなどの症状を改善させる治療法です。

PLDDイメージ
引用元:北青山DクリニックHP「PLDDとは」
https://www.hernia-pldd.jp/pldd/about.html
メリット
  • 局所麻酔なので安心・体への負担が少ない
  • 精神的な負担も少ない
  • 切開しないので、傷痕もほとんどのこらない
  • 日帰りできる・入院不要
  • 回復が早い(仕事に早く復帰できる)
デメリット
  • 重度のヘルニアには適さない
  • 針を刺す治療なので、リスクがないとはいえない
  • 費用が高い(自費診療)

手術費用:700,000~900,000円(自費診療)

保険適用外となります。治療費は、確定申告により「医療費控除」が可能。生命保険会社の医療保険にて「手術給付金」の給付が可能となる場合もあります。

北青山Dクリニックの
注目の医師紹介

Doctor

泉 雅文医師

泉 雅文医師は、もともとは脳神経外科医であり、脳神経外科治療で学んだ脊椎・脊髄の深い知識を生かしたヘルニア治療のスペシャリストです。脳神経外科は脳に加え、脊椎・脊髄も治療の対象とする診療科であるため、PLDDのような脊椎・脊髄に針を通す施術も多く行っています。

経歴

1998年3月 東京大学医学部 卒業
1998年6月 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
1998年12月 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
1999年4月 関東労災病院 脳神経外科
2000年6月 亀田総合病院 脳神経外科
2002年6月 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
2003年4月 NTT東日本 関東病院 脳神経外科/脳卒中センター 現職
2008年9月 北青山Dクリニック 椎間板ヘルニア治療センター 現職

資格

日本脳神経外科学会 専門医
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳ドック学会
日本脳神経外科光線力学学会
日本レーザー医学会

     
クリニック情報
所在地 渋谷区神宮前3-7-10 AKERAビルB1F
アクセス 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分
電話番号 050-7301-4555
診療時間 (受付時間)月曜~土曜 9:30~18:00
休診日 日曜・祝日

北青山Dクリニッの公式サイトはこちら

北青山Dクリニッに電話で問い合わせる