menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 大阪ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

大阪ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

大阪エリアで頸椎椎間板ヘルニアの手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から大阪の名医を探そう
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

伊東くりにっく

開院時から13年間以上、入院不要のレーザー治療(PLDD)に特化

伊東くりにっく公式サイト
引用元:伊東くりにっくHP 
https://www.ito-pldd.com/

伊東くりにっくは、頸椎や腰椎などの椎間板ヘルニアについてレーザー治療(PLDD)に特化したクリニックです。日本レーザー医学会の指導医資格を持つ伊東院長は、PLDD治療がまだあまり知られていない2003年からこの治療に積極的に取り組み、さまざまな症例と向きあい多くの施術経験を積んでいます。椎間板ヘルニアの日帰り手術ができるクリニックとして知られ、全国から患者さんが集まっています。

伊東くりにっくが行っているPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)は、周囲の組織に損傷を与えることがほとんどなく局所麻酔で行えるため、患者さんの身体的負担が軽減されるばかりか、術後のリハビリも不要。入院の必要もなく、一週間ほどで仕事に復帰できる画期的な手術として注目を集めています。

注目の

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

2006年1月のクリニック開院時から13年以上レーザー治療に特化

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

重症度が中程度までの患者さんに適応する治療法で、治療が難しかった椎間板ヘルニアを5~15分程度の施術によって治療する方法。椎間板の中にレーザー針を刺入して、飛び出したヘルニアの髄核(椎間板内のゼラチン状の物質)にレーザーを照射。すると、椎間板の中に小さな空洞ができます。その空洞をなくすために、椎間板が萎縮します。それにより、はみ出ていた出っ張りがなくなって痛みなどの症状を改善させる治療法です。※経皮的というのは、皮膚も筋肉層も切開しないという意味です。

PLDD施術イメージ
引用元:伊東くりにっくHP https://www.ito-pldd.com/pldd/merit.html
メリット
  • 局所麻酔なので安心・体への負担が少ない
    (糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などの方でも手術可能)
  • 精神的な負担も少ない
  • 切開しないので、傷痕もほとんどのこらない
  • 日帰りできる・入院不要
  • リハビリの必要がない
  • 回復が早い(仕事に早く復帰できる)
デメリット
  • 重度のヘルニアには適さない
  • 針を頸椎に刺す治療なので、事故のリスクがないとはいえない
  • 費用が高い(自費診療)

手術費用:初回950,000円

生命保険・医療保険の給付対象になる場合があります。また、確定申告の医療費控除対象になります。

2回目以降の費用:250,000

伊東くりにっくの
注目の医師紹介

Doctor

伊東 信久医師(院長)

伊東信久院長は、患者さんに極力負担が少なくメリットのある治療としてレーザー治療(PLDD)を採用、開院以来、PLDDに特化して積極的に取り組んでいます。院長は日本レーザー医学会の専門医であると同時に、指導医でもあります。脳神経外科や整形外科などの経歴も持ち、「すばらしい治療法があっても、技術を持つ人がいなければ意味がない」と、より効果の高い施術を目指して日々技術を磨き、患者さんに向き合っています。

経歴

1995年 神戸大学医学部医学科卒業
1996年 医療法人寿会 富永脳神経外科
1997年 医療法人生登会 寺本記念病院整形外科
2001年 大阪市立大学大学院 医学研究科卒業
2001年 大阪市立大学 形成外科医局入局
2002年 大阪市立大学 麻酔科研修
2003年 医療法人医誠会 城東中央病院形成外科医長
2004年 名駅クリニック院長就任(椎間板ヘルニアのレーザー専門クリニック)
2005年 名駅クリニック退職
2006年 伊東くりにっく開業
2009年 医療法人眞愛会 理事長就任
2016年 大阪大学国際医工情報センター 招聘教授就任

資格

日本形成外科学会専門医
脳神経感染症の研究で医学博士修得
脳神経感染症の研究で大阪市市長賞・大阪市医学会会長賞
JADA公認アンチドーピングオフィサー
日本リハビリスト協会顧問医師
国際形成外科学会 正会員
国際レーザー医学会 正会員
日本レーザー治療学会 正会員
日本レーザー医学会 正会員
日本レーザー医学会専門医
日本レーザー医学会指導医
日本形成外科学会 正会員
日本脊椎脊髄病学会 正会員
大阪市立大学医学部 非常勤講師
RFE(resistive facial exercise)協会会長
アジア・パシフィックレーザー医学会 正会員
国際レーザー治療学会 正会員
日本ペインクリニック学会 正会員

     
クリニック情報
所在地 大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F 大阪中之島クリニックモール内
アクセス JR環状線「福島駅」から徒歩9分
JR東西線「新福島駅」から徒歩3分
阪神本線「福島駅」から徒歩3分
地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」から徒歩11分
京阪中之島線「中之島駅」から徒歩3分
電話番号 06-6453-4125
診療時間 午前/10:00~12:00 午後/13:00~17:00 手術/13:00~15:00
休診日 土、日・祝日

伊東くりにっくの公式サイトはこちら

伊東くりにっくに電話で問い合わせる

医療法人藤井会 石切生喜病院

患者と医師の「生きる喜び」の共有を目指す治療

石切生喜病院公式サイト
引用元:石切生喜病院HP http://www.ishikiriseiki.or.jp/

石切生喜病院では21科の診療科目を持ち総勢約600名の職員が医療活動を行う病院です。頚椎椎間板ヘルニアの治療にあたる整形外科の脊椎外科では、保存療法や、顕微鏡を用いた各種の特殊なレトラクターを使い分けて行う低侵襲手術をおこなっています。

石切生喜病院では、2005年、大阪市立総合医療センターで多くの脊椎手術を手掛けた松田英樹医師の赴任を機に脊椎外科の専門診療を開始。脊椎外科手術に積極的に取り組んでいます。顕微鏡を用いた低侵襲手術が特徴で、それぞれの症例についてグループ全体で検討して治療法を決定しています。

注目の

頚椎顕微鏡下椎間孔拡大術

症例数:※脊椎外科手術全体220
(2015年1月~2015年12月)

頚椎顕微鏡下椎間孔拡大術とは

他の病院では後方から内視鏡を用いた手術が一般的ですが、石切生喜病院の整形外科では同様の筒形の開創器を用いて手術用顕微鏡下手術をおこないます。 頸椎後方から筒型の開創器を挿入し、手術用顕微鏡で覗き込みながら、神経の通り道である椎間孔を拡大する手術です。神経の圧迫を取り除くことで痛みやしびれが軽減されます。

椎間孔拡大術イメージ
引用元:石切生喜病院HP 
http://ishikiriseiki.or.jp/diagnosis/first_1f/ope_04.pdf
メリット
  • 強いしびれや痛みが手術直後から楽になることが多い
  • 傷痕が小さく、体への負担が少ない
  • 術後の回復も早く、長期的な症状の改善が期待できる
デメリット
  • 関節が変形する可能性がある
  • 頚椎を固定しない術式のため、術後に関節の変形を生じることがある

手術費用:不明

石切生喜病院の
注目の医師紹介

Doctor

河野 浩医師(整形外科部長)

大阪市立大学臨床教授でもある河野浩医師は、脊椎脊髄の治療を得意とする石切生喜病院の整形外科部長です。さまざまな症例を経験し、現在では中部日本整形外科災害外科学会評議員としても活躍しています。

経歴

中部日本整形外科災害外科学会評議員
大阪市立大学臨床教授

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医

     
クリニック情報
所在地 大阪府東大阪市弥生町18-28
アクセス 新石切駅下車徒歩8分
電話番号 072-988-3121
診療時間 朝診9:00~12:30 (診察受付は6:00~12:30)
昼診14:00~16:00 (診察受付は13:00~16:00)  ※予約のみ
夜診18:00~20:00 (診察受付は16:00~20:00)
休診日 土曜午後・日曜・祝日、年末年始

石切生喜病院の公式サイトはこちら

石切生喜病院に電話で問い合わせる

医療法人祐生会 みどりケ丘病院 脊椎脊髄外科センター

顕微鏡下で行う低侵襲な手術にこだわる

イメージ
引用元:医療法人祐生会 みどりケ丘病院HP 
https://www.midorigaoka.hospital/

医療法人祐生会 みどりケ丘病院は、地域の健康をトータルサポートするために、急性期病院、教育研修病院、在宅医療支援病院としての役割を担っている総合病院です。

整形外科内の脊椎脊髄外科センターでは、トップレベルの脊椎脊髄外科医療を目指して患者に合った治療をおこなっています。最先端の診断・医療技術や最新の医療機器を備え、低侵襲な手術(「体に優しい手術」「小さな切開で行う手術」)に取り組んでいます。また、リハビリテーション医療である体操療法(マッケンジー法など)にも力を入れています。頸椎椎間板ヘルニアの治療においても、顕微鏡下で行う頸椎手術を行っています。

注目の

顕微鏡下頸椎手術

症例数:全脊椎脊髄外科手術237
(2016年1月~12月)

顕微鏡下頸椎手術

顕微鏡下の頚椎の前方固定術では、首の前方から切開をし、顕微鏡を見ながら脊髄を圧迫している病変を摘出し脊髄や神経根を除圧します。さらに、摘出した部分に人工骨または骨盤から採取した骨を移植、固定します。
顕微鏡下の後方除圧手術では、首の後方から切開をし、頚椎を展開して骨を削り脊柱管へ到達し神経を除圧。椎弓の真ん中に切れ目を入れて左右に開く椎弓形成術をおこないます。

顕微鏡下頸椎手術イメージ
引用元:みどりケ丘病院HP「脊椎脊髄外科センター」
https://www.midorigaoka.hospital/department/spinal/ope/
メリット

<顕微鏡下前方固定術>

  • 病変を根本的に治療することが可能
  • 肩から手にかけての痛みやしびれ・麻痺が改善される
  • 出血が少なく輸血の必要がない

<顕微鏡下後方除圧術>

  • 患部の痛みやしびれが軽減される
  • 一度にすべての椎間を手術できる
  • 再発が非常に少ない
  • 椎弓形成術は頸椎の手術の中でも成功率が高い手術である
デメリット

<顕微鏡下前方固定術>

  • 脊髄・神経根損傷、深部感染の可能性がある
  • 術後血腫がみられる場合がある
  • インストルメント逸脱・移植骨脱出の可能性がある
  • 麻酔に伴う合併症(肺炎など)の可能性がある
  • 嚥下障害、一時的に声がかすれることがある

<顕微鏡下後方除圧術>

  • 脊髄や神経根が損傷してしまう可能性がある
  • 移植骨を採取した骨盤の血腫・感染・痛みが出る可能性がある
  • 頚部の痛みが出るなど、肩が上げられなくなる可能性がある

手術費用:不明

みどりケ丘病院 脊椎脊髄外科センターの
注目の医師紹介

Doctor

長谷 斉医師

みどりケ丘病院 脊椎脊髄外科センターのセンター長を務める長谷 斉医師は、脊椎治療に長年携わるエキスパートです。京都府立医科大学整形外科で脊椎脊髄外科医として27年間勤務。医学博士の称号も得た、脊椎治療において信頼できるドクターです。

経歴

脊椎脊髄外科、リハビリテーション医学京都府立医科大学整形外科で27年間脊椎クリニックを担当

資格

京都府立医科大学医学博士
日本整形外科学会専門医
日整会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本脊椎脊髄神経手術手技学会理事
日本側弯症学会会員
日本リウマチ関節外科学会会員

     
クリニック情報
所在地 大阪府高槻市真上町 3丁目13-1
アクセス JR京都線高槻駅よりバスで「緑が丘バス停」下車徒歩1分
電話番号 072-681-5717
診療時間 月~土 9:00~12:00(受付 8:15~12:00)
休診日 日曜・祝祭日及び年末年始

みどりケ丘病院の公式サイトはこちら

みどりケ丘病院に電話で問い合わせる

社会医療法人清恵会 清恵会病院

9割以上の手術がマイクロサージャリー(微小外科手術)

清恵会病院HP
引用元:清恵会病院HP http://seikeikai.or.jp/seikeikai/

1970年設立の清恵会病院は2015年10月、市立堺病院跡地に清恵会病院と清恵会三国丘クリニックを統合移転・開院しました。

頸椎椎間板ヘルニアを治療をする脊椎脊髄センターでは、行っている手術の90%以上が顕微鏡を用いたマイクロサージャリー(微小外科手術)です。視野を顕微鏡で拡大し精密な機器を使用することで、安全で正確な手術を行っています。

     
クリニック情報
所在地 大阪府堺市堺区南安井町1丁1番1号
アクセス 南海高野線「堺東駅」西出口から徒歩約18分
堺東駅から送迎バスの運行あり(HPに時刻表あり)
電話番号 072-223-8199
診療時間 月~木 受付 8:30~11:30(診察9:00~) ※脊椎脊髄センターの時間です
休診日 日曜日・祝日・年末年始
脊椎脊髄センターは、月~木の午後と金・土も休み

JCHO 大阪病院

日本脊椎脊髄病学会認定の指導医が3名在籍

イメージ
引用元:JCHO 大阪病院公式サイト https://osaka.jcho.go.jp/

JCHO(独立行政法人 地域医療機能推進機構 )大阪病院は、多くの診療科目のある総合病院ですが、特に整形外科分野においては関西でも知られた病院です。

頸椎椎間板ヘルニアを扱う整形外科の脊椎外科センターには、副院長の冨士医師をはじめ5人の専門医が在籍しています。そのうち3人が日本脊椎脊髄病学会認定の指導医。高い技術力を持った医師が髄核摘出術(Love法)に加えて内視鏡下あるいは顕微鏡下で椎間板摘出術などの手術を行っています。また、診療の傍ら学術活動にも注力しています。

     
クリニック情報
所在地 大阪市福島区福島 4-2-78
アクセス JR東西線「新福島駅」より徒歩5分
京阪電車「中之島駅」より徒歩5分
JR環状線「福島駅」より徒歩10分
阪神電車「福島駅」より徒歩10分/「野田駅」より徒歩15分
地下鉄千日前線「玉川駅」より徒歩10分
電話番号 06-6441-5451
診療時間 受付時間 月~金 8:30~11:30
休診日 土・日・祝日、年末年始

公益財団法人田附興風会 医学研究所 北野病院

研究・治療実績の豊富な歴史ある病院

北野病院HP
引用元:北野病院公式サイト https://www.kitano-hp.or.jp/

医療機関、それも急性期治療を主とする病院にありながら、「公益財団法人」に指定されている、珍しくかつ非常に治療実績の高い病院です。 この病院は、京都大学医学部の研究施設として建てられた病院で、開院したのは第二次世界大戦前と、非常に歴史のある病院です。

頚椎は非常にデリケートな部分で、治療に際しては高い治療技術が求められます。 北野病院にて頚椎椎間板ヘルニアの診療と治療にあたるのは、整形外科の中でも脊椎外科を専門とするドクターです。

     
クリニック情報
所在地 大阪市北区扇町2-4-20
アクセス 地下鉄谷町線「中崎町駅」出口1を左側へ出て南に徒歩約4分
JR大阪環状線「天満駅」から西に徒歩約7分
地下鉄堺筋線「扇町駅」から出口2-Aを出て扇町公園を横切り徒歩約5分
電話番号 06-6312-1221
診療時間 受付時間 月~土 8:45~11:30 ※初診には紹介状が必要
休診日 第2・第4土曜、日曜、祝日

大阪市立大学医学部附属病院

ヘルニアを脳神経外科医が執刀

大阪市立大学医学部附属病院公式サイト
引用元:大阪市立大学医学部附属病院HP http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/

大阪市立大学医学部附属病院での、脊椎外科治療が開始されたのは、今から40年以上前の1970年代。 頚椎は非常にデリケートな部分であるため、整形外科でも診療は行いますが、同時に脳神経外科でも診療が行われています。 頚椎椎間板ヘルニアなどの頚椎の疾患を担当する、大阪市立大学医学部附属病院脊椎脊髄外科の医師は脳神経外科医。顕微鏡視下頸椎前方固定術、前方除圧固定術を得意としています。 また、大阪市立大学医学部附属病院は、脊椎ならびに脊髄の診療にあたる医師を育てる、教育施設でもあります。

     
クリニック情報
所在地 大阪市阿倍野区旭町1-5-7
アクセス 御堂筋線「天王寺駅」より13.14番出口 (徒歩 約7分)
谷町線「天王寺駅」より13.14番出口 (徒歩 約9分)
御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」より2番出口 (徒歩 約8分)
JR「天王寺駅」中央改札口より(徒歩 約9分)
南大阪線「大阪阿部野橋駅」西改札を出て右へ
上町線「天王寺駅前」改札を出て地下道もしくは歩道橋へ
電話番号 06-6645-2121
診療時間 初診受付 9:00~10:30
休診日 土・日・祝日、12/29~1/3

独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

2017年承認の頚椎人工椎間板置換術に対応できる病院

大阪労災病院公式サイト
引用元:大阪労災病院HP http://www.osakah.johas.go.jp/

大阪労災病院では、初診の受付は完全紹介制となっており、紹介状を持参した患者さんのみ受診が可能です。そのため、大阪労災病院を受診するには、まずはかかりつけ医で診てもらい、紹介状を書いてもらう必要があります。言い換えれば、治療に特別な機器や技術が要求されるほど重症な患者さんが多い病院といえます。

頸椎椎間板ヘルニアの手術で一般的に行われる前方除圧固定術や後方からの除圧術には、椎間の可動性を犠牲にするという問題点がありました。椎間の可動性を保つ頚椎人工椎間板置換術が2017年に日本で承認され、大阪労災病院は、いち早く頚椎人工椎間板置換術を実施することができる施設の1つです。

     
クリニック情報
所在地 大阪府堺市北区長曽根町1179-3
アクセス JR「三国ケ丘駅」下車 バス約5分(系統番号15・35 北側ロータリー1番のりば 地下鉄新金岡駅前行、または白鷺駅前行)
JR「堺市駅」下車 バス約20分(系統番号35 1番のりば 堺駅南口行)
南海高野線「堺東駅」下車 バス約15分(系統番号15 8番のりば 白鷺駅前行)
御堂筋線「新金岡駅」下車 徒歩10分/ バス約8分(系統番号35 1番のりば 堺駅南口行)
電話番号 072-252-3561
診療時間 受付時間 月曜~金曜 8:15~午11:30
休診日 土日、祝祭日及び12月29日~1月3日

本城整形外科

コミュニケーションを第一に考えて治療

本城整形外科公式サイト
引用元:本城整形外科HP https://orthonjo.com/

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科がある整形外科で、大阪だけでなく京都府、兵庫県、奈良県などから足を運ぶ患者さんもいるのが特徴です。
骨折、外傷といったものはもちろんのこと、腰痛や肩こり、手足のしびれから、ヘルニアなどの痛み改善の治療を得意としています。
ヘルニアに関して言うと、保険治療が適用される場合には症状に合わせた内服治療が受けられるほか、注射による治療、消炎鎮痛処置などが代表的です。
どのような些細なことでも気軽に相談して欲しいとのことなので、自分の場合は病院に診てもらったほうが良いのかわからずにいる方も、まずは相談してみてはどうでしょうか。
また、病院と提携しているので、必要に応じて入院などを行なった上での手術・治療や特殊な検査に関しても紹介してもらえます。

     
クリニック情報
所在地 大阪府大阪市西区境川1-1-31 境川メディカルセンタービル2F
アクセス JR環状線 「大正駅」より徒歩8分
地下鉄鶴見緑地線 「ドーム前千代崎駅」、「大正駅」より徒歩8分
地下鉄中央線 「九条駅」より徒歩8分
近鉄阪神なんば線「阪神九条駅」より徒歩8分
電話番号 06-6536-8011
診療時間 9:00~12:30/16:00~19:00
※土曜日の診療は9:00~13:00
休診日 木曜、土曜午後、日曜、祝日

関西医科大学総合医療センター

80年あまりの実績を持つ総合医療センター

関西医科大学総合医療センター公式サイト
引用元:関西医科大学総合医療センターHP http://www.kmu.ac.jp/takii/

もともと、「関西医科大学附属滝井病院」として親しまれていた病院で、本館を新築する際に改称しました。とても大きな病院で、本館296床、南館142床、北館39床を合わせた計477床を有しています。
チーム医療を実践しているため、頸椎椎間板ヘルニア以外にも何かトラブルが起きた場合には総合して相談ができるでしょう。
腰椎椎間板ヘルニアの診療を行なっているのは整形外科ですが、他にも神経内科や消化管外科、乳腺外科、心臓外科など、さまざまな診療科が充実しています。気配りと優しさを持って治療にあたることを心がけてくれている病院です。
ヘルニアの治療においては、できるだけ手術の侵襲を少なくするために顕微鏡視下による手術を行なっているとのこと。状態が良好でない場合は緊急の手術も可能です。

     
クリニック情報
所在地 大阪府守口市文園町10番15号
アクセス 京阪電車「滝井駅」より徒歩約2分
地下鉄谷町線・今里筋線「太子橋今市」より徒歩約6分
大阪シティバス「地下鉄太子橋今市」バス停より徒歩約6分
電話番号 06-6992-1001
診療時間 初診・再診受付 8:30~11:30
休診日 第2、第4土曜日、日曜、祝日、年末年始

医誠会病院

高精度のMRI検査による正確な確定診断

医誠会病院公式サイト
引用元:医誠会病院HP http://www.iseikaihp.or.jp/

整形外科のほか、総合内科や呼吸器外科・呼吸器内科、消化器外科、形成・美容外科など実にさまざまな診療科がある病院です。
他にも外来が充実しており、多くの方から選ばれています。救急担当医がいることもあり、外傷に対しては24時間対応が可能。また、脳神経外科医が首から腰まで脊椎・脊髄外科の診療を行なっています。
治療では顕微鏡を用いた手術テクニックを駆使しているほか、安全かつ確実に神経の圧迫を取り除く治療が受けられるのが魅力です。
また、できるだけ体にかける負担を減らすために内視鏡下手術にも取り組んでいるので、体への負担が怖くてなかなか治療に踏み切れずにいる方も相談してみてはどうでしょうか。
技術的に難しいとされている内視鏡下手術も対応していて、実績も豊富なので安心してお任せできるはずです。実際にこちらで治療を受けた方からの評価も高い病院と言えます。

     
クリニック情報
所在地 大阪府大阪市東淀川区菅原6丁目2-25
アクセス 阪急電鉄「淡路駅」より徒歩9分
JRおおさか東線「JR淡路駅」徒歩7分
電話番号 06-6326-1121
診療時間 初診・予約外受付 11:00まで
休診日 日曜、祝日、年末年始

水無瀬病院

日本整形外科学会認定施設

水無瀬病院公式サイト
引用元:水無瀬病院HP http://minasehp.jp/

整形外科として評価が高く、日本整形外科学会認定施設となっています。実績のある病院で診てもらいと考えている方でも安心ですね。
一般的にヘルニアの治療は保存療法となるのですが、薬、コルセット、腰椎牽引、神経ブロックなどの保存療法の方から、必要に応じて手術療法にも対応しているので、まずは診察を受けてみましょう。
水無瀬病院で行なっているヘルニアの手術は主にMED法と呼ばれる内視鏡下ヘルニア摘出術です。MED法の大きな特徴とも言えるのが、低侵襲で小切開で済むということ。
できるだけ身体に負担をかけることなくヘルニアの治療をしたいと考えている場合にも向いている治療法だと言えます。
これにより早期離床ができるだけでなく、早期リハビリも可能となっているので、早い段階で状態を改善させていくことができるでしょう。体への負担が少なく、早期からリハビリが開始できれば入院期間も短くて済みますよね。早期の段階で社会復帰を目指している方も相談してみてくださいね。

     
クリニック情報
所在地 大阪府三島郡島本町高浜3丁目2番26号
アクセス 阪急京都線「水無瀬駅」より徒歩5分 JR「島本駅」より徒歩9分
電話番号 075-962-5151
診療時間 月~金 9:00~16:00
休診日 土曜午後、日曜、祝日

JCHO大阪病院

名称変更に伴い脊椎外科を開設

 JCHO大阪病院公式サイト
引用元:JCHO大阪病院HP https://osaka.jcho.go.jp/

昭和27年に大阪厚生年金病院として開設された病院で、長年の実績があります。JCHO 大阪病院に名称を変更してからは更に高度で安全な医療を目指し、治療を行なっている病院です。
一般的にヘルニアの治療を行なう際に科目は整形外科ですよね。ですが、こちらの病院では「脊椎外科」という科目が用意されていて、専門的に診断をすることが可能です。脊椎外科では頚椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアのほか、頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など、さまざまな症状の治療ができます。
まずは服薬やコルセットといったもので保存療法を行い、状態が改善しない場合に手術という流れです。手術実績も非常に多い病院なので、安心して相談してみましょう。日本でも有数の手術件数です。

     
クリニック情報
所在地 大阪府大阪市福島区福島 4-2-78
アクセス JR「新福島駅」より徒歩5分
京阪電車「中之島駅」より徒歩5分
JR環状線「福島駅」より徒歩10分
阪神電車「福島駅」より徒歩10分、「野田駅」より徒歩15分
地下鉄「千日前線玉川駅」より徒歩10分
電話番号 06-6441-5451
診療時間 初診受付 8:30~11:30
休診日 土曜、日曜、祝際日、年末年始