menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 神奈川ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

神奈川ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

横浜・相模原など、神奈川エリアで頸椎椎間板ヘルニア手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から神奈川の名医を探そう
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

医療法人志匠会 新横浜スパインクリニック

志匠会グループの脊椎に特化したクリニック

新横浜スパインクリニック公式サイト
引用元:新横浜スパインクリニックHP http://www.shinyoko-spine.jp/

新横浜スパインクリニックは、医療法人 志匠会グループに属する、脊椎(頸椎や腰椎)の手術に特化した専門のクリニックです。(※スパインとは脊椎のこと。)
最新の検査機器を積極的に導入し、常に安全で確実な手術方法を提案しています。

頸椎の手術に関しては、前方固定術や頸椎椎弓形成術、MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)を行っています。 手術の実績は2018年の1月~9月までで、頸椎手術全体で116件、うち頸椎椎弓形成術は68件、最新のMacFは38件となっています。

注目の

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)

症例数:38
(2018年1月~9月)

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)とは

顕微鏡下において前方からアプローチする椎間孔拡大術。 喉を3センチほど切開、顕微鏡下で頸椎の前側からドリルで穴を開け、椎間板をできるだけ温存させながら、神経根を圧迫している骨棘・椎間板ヘルニアのみダイレクトに取り除いて除圧する手術です。

MacF(イメージ
引用元:志匠会HP「顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術について」
http://www.shisyokai.jp/macf
メリット
  • 神経根を圧迫する骨棘やヘルニアを直接摘出できる
  • 数か月から2年間は症状改善が見込める
  • 頚椎を削る量が少なく、人工骨やケージの移植は不要
  • 術後も関節の機能をある程度保持できる
  • 前方固定術よりも切開が少なくて済む
  • 入院期間が短い(2~5日)
  • 保険が適用
デメリット
  • 術後に関節の変形を生じることがある
  • 術後軽度の眼瞼下垂を生じることがある
  • 椎骨動脈の近くを削るため、動脈出血が起こることがまれにある
  • 全身麻酔で行う

手術費用:保険適用

MacFのような先進的で低侵襲な手術の場合、一般的に高額な自費診療となりますが、保険診療で行っています。詳細については公式サイトに記載はありませんでした。

そのほかにかかる費用

入院費用:5日間の場合(差額)
一般個室90,000円、個室角部屋150,000

新横浜スパインクリニックの
注目の医師紹介

Doctor

葛西 直亮医師

葛西 直亮院長は、2007年から新横浜スパインクリニックで診療を行い、2013年に院長に就任。東京医科大学病院を経て脊椎・脊髄治療に出会い、研鑽を積んだ脊椎の専門家です。 まずは病気や手術に対して患者さんにしっかりと説明し、きちんと理解・納得してもらったうえで一緒に闘うという信頼関係が重要であると考え、リスクも含めた丁寧な説明を大事にしています。 また、患者さんの負担の少ないオーダーメイドの治療を心掛けている医師です。

経歴

平成9年 帝京大学医学部卒業
東京医科大学病院 整形外科
大船中央病院 整形外科
貢川整形外科病院 整形外科

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医

     
クリニック情報
所在地 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-5-5
アクセス 市営地下鉄「北新横浜駅」から徒歩 5分
JR「新横浜駅」からタクシー 10分
電話番号 045-533-5401
診療時間 午前 9:00~(受付時間:8:00~12:00)、午後 15:00~(受付時間:14:00~17:00)
外来:月・水・金は午前のみ、初診受付:月(午前)・火・木・土
休診日 日曜日・祝日

新横浜スパインクリニックの公式サイトはこちら

新横浜スパインクリニックに電話で問い合わせる

北里大学病院

脊柱の変形治療実績の高い医師が在籍

北里大学病院公式サイト
引用元:北里大学病院HP
 https://www.kitasato-u.ac.jp/khp/index.html

頚椎椎間板ヘルニアの治療にあたる北里大学病院の整形外科では、ほぼすべての整形外科疾患に対応することが可能です。 頚椎椎間板ヘルニアの治療方針としては、まず内服やブロック注射などの保存療法を実施。それでも改善が見られない場合に手術治療を選択します。

注目の

頚椎前方除圧固定術

症例数:138
(2017年度実績)

頚椎前方除圧固定術とは

頚部の前方から切開を行い、飛び出ている椎間板や骨の出っ張りを切除し、神経への圧迫を取り除きます。 切除したスペースを、骨や金属製のネジなどで充填して、脊椎を固定する手術です。北里大学病院では「椎体間ケージ」いう金属を使用します。手術時間は1時間~1時間30分くらいで、入院期間は10日~14日間程度です。

頚椎前方除圧固定術イメージ
引用元:北里大学北里研究所病院HP 
https://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/visitor/section/soc/spine/contents02.html
メリット
  • 病変を根本的に治療可能
  • 肩から手にかけての痛みやしびれ・麻痺が改善される
  • 出血が少なく、輸血の必要がない
デメリット
  • 脊髄・神経根損傷、深部感染の可能性がある
  • 術後血腫がみられる場合がある
  • インストルメント逸脱、移植骨脱出の可能性
  • 麻酔に伴う合併症(肺炎など)の可能性がある
  • 嚥下障害、一時的に声がかすれる
  • 移植母床障害がでる可能性がある

手術費用:保険適用(3割負担)

頚椎前方除圧固定術の手術費用に関しては保険が適用されるため、3割負担となります。

そのほかにかかる費用

入院費用(差額):準個室(4床室)6,000円/日
個室A~C 16,000円/日、20,000円/日、30,000円/日
特別個室D~F 65,000円/日、70,000円/日、80,000円/日

北里大学病院の
注目の医師紹介

Doctor

高相 晶士医師

北里大学医学部整形外科学の主任教授であり、同時に北里大学病院整形外科長でもある高相晶士医師は、脊椎外科・脊柱側わん症を専門とするドクターです。 なかでも脊柱の変形治療に長年にわたり力を注いでおり、患者を中心とした医療の提供を心がけています。

経歴

1989年 千葉大学医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局
1998年 千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得
2003年 国立千葉東病院医長
2006年 北里大学医学部整形外科学 講師
2007年 北里大学医学部整形外科学 診療准教授
2010年 北里大学医学部整形外科学 主任教授

資格

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医
日本整形外科学会代議員
厚生労働省 筋ジストロフィー臨床研究班委員

     
クリニック情報
所在地 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
アクセス 小田急電鉄江ノ島線「相模大野駅」から車約25分
電話番号 042-778-8111
診療時間 診療時間(原則)
平日:8:30~17:00、土曜:8:30~12:00 (第1・3・5週のみ)
休診日 日曜日、祝日、第2・第4土曜日、年末年始(12/29~1/3)

北里大学病院の公式サイトはこちら

北里大学病院に電話で問い合わせる

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院

難易度の高い脊椎手術を安全に行うための設備と工夫

横浜南共済病院公式サイト
引用元:横浜南共済病院HP https://www.minamikyousai.jp/

横浜南共済病院は、70年以上地域の基幹病院としてのさまざまな役割を担うと同時に、専門医や認定医の研修教育病院、臨床研修医指定病院でもあり、医学教育にも力をいれている病院です。

整形外科の脊椎・脊髄センターでは、年間300例以上の脊椎手術を行っています。脊髄モニタリングや術中ナビゲーション、術中超音波診断など、難易度の高い脊椎手術をより安全に行うための設備も整えています。 そのため、手術見学に国内外から多くの医師が訪れています。脊椎・脊髄センターのセンター長でもある三原医師は日本脊椎脊髄病学会認定の指導医です。

     
クリニック情報
所在地 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
アクセス 京浜急行電鉄「追浜(おっぱま)駅」より徒歩7分
京浜急行バス「瀬ヶ崎(横浜南共済病院前)」下車 徒歩1分
電話番号 045-782-2101
診療時間 8:00~11:30(平日)※新患受付は10:00まで
休診日 土・日・祝日、創立記念日(2019年度は6月14日)、年末年始(12月29日~1月3日)

独立行政法人 労働者健康安全機構 関東労災病院

カンファレンスを重視、全員で治療方針を決定

イメージ
引用元:関東労災病院HP https://www.kantoh.johas.go.jp/

整形外科・脊椎外科では、ほぼすべての整形外科疾患に対応。内視鏡などの新しい医療機器を駆使した手術を行っています。 治療に際しては、地域の開業医の先生方を交えたカンファランス、毎週2回の院内カンファランスを実施。そこで、全員で話し合って治療方針を決定しています。

頸椎椎間板ヘルニアなどの脊椎変性疾患については、まずは外来で徹底した保存療法を実施し、痛みが強かったり、歩行障害などが顕著な病状は、状態によって椎弓形成術や除圧固定術を行っています。
脊椎外科は、おもに渡邉健一医師、東川晶郎医師が担当。東川晶郎医師は、日本脊椎脊髄病学会認定の指導医でもあります。

     
クリニック情報
所在地 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1 
アクセス 東急東横線「元住吉駅」より徒歩7分/「武蔵小杉駅」より徒歩12分
電話番号 044-411-3131
診療時間 月~金 受付 8:15~11:00
休診日 土・日・祝日