menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 福岡ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

福岡ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

博多・北九州・古賀市など、福岡エリアで頸椎椎間板ヘルニア手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から福岡の名医を探そう
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター

年間約600例の脊椎脊髄の手術実績

新小文字病院公式サイト
引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターHP
http://center.shinkomonji-hp.jp/

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターでは、脊髄脊椎外科医療チームとして治療をおこなっており、患者から高い評価と信頼を得ています。
わずか10年足らずのあいだに、九州だけではなく日本各地から外科的治療を受けに訪れる患者が増加。2019年1月現在の公式サイトの記載によると、年間約600例の脊椎脊髄の手術実績を誇る病院です。

病院理念である「手には技術、頭には知識、患者様には愛を」。新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターでは、この基本理念のもと、患者の心に寄り添った脊椎外科専門だからこその質の高い医療を提供しています。

注目の

ACDF(頸椎前方除圧固定術)

症例数:42
(2017年1月~2017年12月)

ACDF(頸椎前方除圧固定術)とは

ACDF(頸椎前方除圧固定術)は、首の前方からアプローチをする手術です。5cmほどの皮膚切開をし、椎間板を切除。脊髄・神経根の圧迫を除去します。そして椎間板もしくは椎体の摘出部に、人工骨や患者自身の骨を移植して固定します。手術時間は1~2時間程度、入院は1~2週間程度です。

イメージ
引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターHP~手術について
http://center.shinkomonji-hp.jp/surgery/surgery03/
メリット
  • 病変を根本的に治療可能
  • 肩から手にかけての痛みやしびれ・麻痺が改善される
  • 出血が少なく、輸血の必要がない
デメリット
  • 脊髄・神経根損傷、深部感染の可能性がある
  • 術後血腫がみられる場合がある
  • インストルメント逸脱、移植骨脱出の可能性
  • 麻酔に伴う合併症(肺炎など)の可能性がある
  • 嚥下障害、一時的に声がかすれる
  • 移植母床障害がでる可能性がある

手術費用:保険適用

詳細な費用については、公式サイトには記載なし。

そのほかにかかる費用

入院費用(差額ベッド代):10日間入院の場合(税込)
特別室:108,000円、個室A:86,400円、個室B :54,000円、2人部屋:32,400円

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター
注目の医師紹介

Doctor

髙橋 雄一医師

脊髄脊椎外科治療センター長 兼 脊髄脊椎外科主任部長である髙橋 雄一医師は、日本脊髄外科学会認定医・指導医の資格をもつ脊髄脊椎外科治療のエキスパート。患者が中心の医療を重視し、脊髄脊椎外科を専門にしたチームが同一の治療方針を共有する体制を整えています。

経歴

徳島大学 平成16年卒

資格

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医・指導医
日本脳神経外科学会員
日本脳神経外科コングレス
日本脊髄外科学会員
日本脊椎脊髄病学会員
日本脊髄障害医学会員
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会員
AO SPINE 等

     
クリニック情報
所在地 福岡県北九州市門司区大里新町2-5
アクセス JR「門司駅」より徒歩約10分
電話番号 093-391-1001
診療時間 受付時間
 午前 8:30~11:30 午後 14:00~17:00
診療時間
午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
予約外の新患・再診受付:午前8:30~11:00  新患でも予約可能です
休診日 日曜・祝日、土曜日午後

新小文字病院の公式サイトはこちら

新小文字病院に電話で問い合わせる

独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター

救命救急に加え、整形外科領域全般の医療が可能

福岡東医療センター公式サイト
引用元:国立病院機構 福岡東医療センターHP
https://www.fe-med.jp/

多くの患者を受け入れる福岡東医療センターでは、救命救急センターや1種感染症指定医療施設である感染症センターを備えています。また、日本整形外科学会研修認定施設に指定されています。 整形外科では、2019年1月現在の公式サイトの記載によると年間の手術件数は約944例と、ほぼ整形外科領域全般の手術が可能です。

25年間にわたり脊椎の診断・治療に携わってきた専門医の赴任を機に、2014年4月より脊椎疾患、外傷の専門的治療を開始。脊椎脊髄外科の2017年度の手術総数は150例となっています。

注目の

頚椎椎弓形成術(後方除圧術)

症例数:19
(2017年1月~12月)

頚椎椎弓形成術(後方除圧術)とは

整形外科では、2014年4月より脊椎疾患・外傷の専門的治療を行う体制が整いました。頚椎椎間板ヘルニア治療でも着々と実績を積み、頚椎椎弓形成術(後方除圧術)での治療を得意としています。頚椎椎弓形成術とは、首の後方から椎弓に切り込みを入れ、狭くなった脊柱管を広げて神経への圧迫を取りのぞく手術方法です。入院期間は1~2週間程度。

メリット
  • 一度にすべての椎間を手術することが可能
  • 再発が非常に少ない
  • 椎弓形成術は頸椎の手術の中でも成功率が高い手術である
  • 保険が適用される治療法である
デメリット
  • 脊髄や神経根が損傷してしまう可能性がある
  • 移植をする骨を採取した骨盤の血腫・感染・痛みなどが出ることがある
  • 術後に頚部の痛みが出たり、肩が上げられなくなる可能性がある
  • 退院までは2週間ほどだが、頚椎カラー着用が必要になる

手術費用:保険適用

詳細な費用については、公式サイトには記載なし。

そのほかにかかる費用

入院費用:個室の場合差額ベッド代、1日につき税込 5,400円 10日間で54,000円

福岡東医療センターの
医師紹介

Doctor

吉田 裕俊医師

福岡東医療センターの整形外科部長である吉田 裕俊医師は、脊椎脊髄疾患を専門とするドクターです。所属する学会は、日本脊椎脊髄病学会や日本脊椎インストルメンテーション学会など。福岡東医療センター整形外科の脊椎疾患における治療実績に大きく貢献しています。

経歴

山形大学卒

資格

日本整形外科学会 整形外科専門医
脊椎脊髄病医、運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本脊椎インストゥルメンテーション学会 評議員

     
クリニック情報
所在地 福岡県古賀市千鳥1丁目1-1
アクセス JR鹿児島本線「古賀駅」下車 徒歩約1.5㎞/バス約10分(病院正門前下車)/タクシー 約5分
電話番号 092-943-2331
診療時間 月・火・木:受付時間:8:30~11:00
休診日 水・金・土・日・祝日

福岡東医療センターの公式サイトはこちら

福岡東医療センターに電話で問い合わせる

医療法人佐田厚生会 佐田病院

日本脊椎脊髄病学会の基幹研修施設に認定

佐田病院公式サイト
引用元:佐田病院HP https://www.sada.or.jp/

佐田病院は、開院から約80年の実績ある病院です。「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」「情報開示」等によって患者さん自身が自分の医療方針を決定できるように取り組んでいます。

佐田病院は、日本脊椎脊髄病学会の基幹研修施設に認定されています。これは、脊椎脊髄手術が 3 年間連続で 年100 例以上であること、教育研修指導医である日本脊椎脊髄外科指導医が常勤しているなど、4つの条件を満たしていなければなりません。

脊椎手術では全症例に顕微鏡を導入。術式は大きく除圧術と固定術の2つ。それぞれの長所・短所をうまく使い分けてより適切な治療を選んでいます。頸椎椎間板ヘルニアについては固定術を多く取り入れています。

注目の

頸椎除圧前方固定術

症例数:308
(2017年度 ※脊椎手術合計)

頸椎除圧前方固定術 とは

首の前方から切開をし、顕微鏡をみながら脊髄を圧迫している病変を摘出し脊髄や神経根を除圧。そして椎間板もしくは椎体の摘出部に腸骨より採骨した半層骨を移植(国分法)、固定をします。(正中型のヘルニアの場合)

手術用顕微鏡
引用元:佐田病院HP「脊髄脊椎について」
https://www.sada.or.jp/services/sekizui/
メリット
  • 病変を根本的に治療することが可能
  • 肩から手にかけての痛みやしびれ・麻痺が改善される
  • 出血が少なく輸血の必要がない
デメリット
  • 脊髄・神経根損傷、深部感染の可能性がある
  • 術後血腫がみられる場合がある
  • インストルメント逸脱・移植骨脱出の可能性がある
  • 麻酔に伴う合併症(肺炎など)の可能性がある
  • 嚥下障害、一時的に声がかすれることがある

手術費用:保険適用(3割負担)

※詳細な費用については、公式サイトに記載なし

そのほかにかかる費用

入院費用:1日あたりの差額ベッド代
特別個室 30,240円、個室A~E 16,200円~5,400円、2人部屋 3,240円~4,320円、4人部屋 0円

佐田病院の
注目の医師紹介

Doctor

藤原 将巳医師

佐田病院の副院長である藤原将巳医師の担当分野は、整形外科、脊椎・脊髄外科、外傷一般、関節鏡、ペインコントロール、骨粗鬆症です。

経歴

平成3年3月 佐賀医科大学 卒業
平成3年4月 九州大学医学部付属病院整形外科 勤務
平成4年4月 明治記念病院 勤務
平成5年4月 総合脊損センター整形外科 勤務
平成6年4月 医療法人佐田厚生会佐田病院整形外科 勤務
平成7年4月 済生会八幡総合病院整形外科 勤務
平成8年4月  浜の町病院整形外科 勤務
平成9年4月 医療法人佐田厚生会佐田病院整形外科 整形外科医長
平成20年4月 医療法人佐田厚生会佐田病院整形外科 整形外科部長
平成27年9月 医療法人佐田厚生会佐田病院 副院長

資格

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本骨折治療学会 会員
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会会員(JPSTSS)
日本腰痛学会 会員
西日本整形・災害外科学会 会員
Japan Association for Biological Osteosynthesis 会員
KYPHON Balloon Kyphoplasty Training修了医師
九州電力キューデンヴォルテクス チームドクター
日本体育協会認定スポーツドクター

     
クリニック情報
所在地 福岡県福岡市中央区渡辺通2-4-28
アクセス 大牟田線「薬院駅」より徒歩3分/福岡市営地下鉄七隈線「薬院駅」より徒歩3分
西鉄バス「薬院駅駅前」バス停より徒歩3分
電話番号 092-781-6381
診療時間 外来診療時間
月~土 9:00~12:30、月~金 13:30~17:30
休診日 外来休診日は日曜日 ※急患は365日24時間受け入れ

佐田病院の公式サイトはこちら

佐田病院に電話で問い合わせる

独立行政法人 労働者健康安全機構 総合せき損センター

日本脊椎脊髄病学会認定の指導医が10名在籍

総合せき損センター公式サイト
引用元:労働者健康安全機構 総合せき損センターHP
https://sekisonh.johas.go.jp/

総合せき損センター整形外科は、脊椎・脊髄外科領域を専門としており、頚椎から仙椎までの全の背骨とそれにかかわる神経を治療対象としています。脊椎・脊髄に関する手術は昭和54年6月の開院以来、16000例以上。メインは脊髄損傷ですが、近年の手術症例は脊椎・ 脊髄のみで年間750例以上にのぼります。
日本脊椎脊髄病学会認定の指導医が10名在籍しており、高度な脊椎・脊髄外科を提供しています。

     
クリニック情報
所在地 福岡県飯塚市伊岐須550-4 
アクセス JR「新飯塚駅」から西鉄バス飯塚行き等で10分、飯塚バスセンター乗換、福祉センター行きで20分 
「せき損センター」下車
電話番号 0948-24-7500
診療時間 月曜日から金曜日 受付:新患 8:30~10:30 再来 8:30~11:30 
診療開始:9:00
休診日 土・日曜日及び祝日、年末年始