頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 目指せ完治!頸椎椎間板ヘルニアの治療法 » 減圧手術

減圧手術

頸椎椎間板ヘルニアの手術の中で、減圧手術と呼ばれるpldd法、peld法について解説します。

PLDD法・PELD法なら日帰り手術も可能

減圧手術は、切開せずに針やレーザーなどで椎間板内圧を減らしてヘルニアを引っ込める手術です。

レーザーや内視鏡を用いて、身体への負荷を極力減らすため最短で15分ほどで終わり、日帰り手術も可能です。軽度のヘルニアの方向けの手術で、保険適用外というデメリットもありますが、早期に社会復帰したい方におすすめです。

PLDD法(経皮的髄核減圧術)

高出力レーザーを用いた、保存療法と切開術の中間的な治療法です。レーザー法とも呼ばれています。

数ミリの細い針を皮膚に刺して、レーザーファイバーの先端を椎間板に送り込みます。レーザー照射で椎間板の中味を焼き、内圧を下げることでヘルニアを元に戻すためです。

レーザーで空けた空洞は、時間とともに修復されるので心配不要。手術は10数分で終わり、局所麻酔で行うため日帰り退院も可能。切開手術を避けたい方、早期復帰を希望する方に向いた手術です。

  • 手術時間:15~30分
  • 入院日数:当日退院可 
  • 保険適用外:(費用の目安はおよそ20~50万円)
  • メリット:軽度のヘルニアに有効。術後すぐに歩行できる。
  • デメリット:中度・重度のヘルニアには効果がないことが多い。高度な技術が必要。

PELD法(経皮的内視鏡椎間板摘出術)

直径7mmの極小の内視鏡を使用して行う手術法です。症状に応じて全身麻酔か硬膜外麻酔を行い、皮膚を7mm程度切開。

そこに内視鏡などを潜入させます。そしてモニターを見ながら、ヘルニアを切除します。

通常の内視鏡よりも侵襲度が低いため術後の回復が早く、再発率も低いのがメリットです。高度な技術を要する手術なので実施できる病院が少ないのが難点ですが、身体への負担が軽く効果が確実な治療法として注目を集めています。

  • 手術時間:30分前後
  • 入院日数:翌日退院も可。2~4泊。
  • 保険適用:約15万円
  • メリット:手術当日に歩行可能。早くて翌日に退院ができ、早期に社会復帰できる。再発率が低い。
  • デメリット:手術を行える医者が少ない。
手術で頸椎椎間板ヘルニアを治してくれるおすすめの病院5選
 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド