menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの治療法【手術】 » 切開手術

切開手術

頚椎間板ヘルニア治療の切開手術とは

頸椎椎間板ヘルニアの外科手術といえば、切開を伴う手術が一般的です。その中でも代表的なのが、除圧術と固定術。「前方除圧固定術」です。また、重症な場合は「椎弓形成術」なども行われます。従来は目視可で行っていましたが、最近は手術用顕微鏡を使用した切開手術が増えています。

切開による頸椎椎間板ヘルニア手術で
注目の病院はこちら

前方除圧固定術

大きなヘルニアで椎間板がつぶれて機能していない場合、椎間孔の狭窄がある場合に行われます。
この手術を受けることで、痛みやしびれが軽減されます。症状の改善は神経の回復の度合いによります。

治療方法(治療のメカニズム)

全身麻酔をおこない、首の前を切開して痛みの原因となる髄核や椎間板を全て切除します。骨盤などから移植した骨や金属金具、人工骨などで椎体間を固定します。

手術の流れ

  1. 頚部の前側の皮膚を5cmほど切開します。皮下組織と頚部の筋肉を左右に切り分け、食道・気管を内側に総頚動脈と静脈を外側に寄せます。頚椎の前面(椎体)に達します。
  2. レントゲンで確認後、手術用ドリルで頚椎前面(椎体前面)から後方の脊髄神経側までを削っていきます。
  3. 神経を圧迫しているヘルニアや骨棘を除去して圧迫の原因を取り除きます。
  4. 削った骨の部分に腰の骨(あるいは人工骨など)を移植し、必要に応じて金属のプレートなどで固定します。

どんな人に向いている治療か

  • 髄注管がもともと狭く、神経根を圧迫しやすい人
  • 事故などによって椎間板が悪くなってしまったことによって神経根を圧迫している人
  • 頸椎後縦靭帯骨化症や頸椎不安定性などの症状がある人
  • 圧迫による痛みやしびれを起こしている原因が1椎もしくは2椎である場合
  • 後弯変形があるケース、脊髄神経の圧迫が一側に偏っている場合
    ※発育期脊柱菅狭窄症である人には適応できません。

メリット

痛みの原因となる椎間板や椎体を根本的に取り除くため、痛みが完全になくなる可能性が高い。

デメリット(リスク)

  • 合併症では、食べものが飲み込みづらい・声がかすれるなどの嚥下障害や嗄声(一過性のもの)
  • 周辺臓器(食道・気管など)の損傷
  • 移植をする骨を採取した骨盤の血腫・感染・痛みなどが出ることがある
  • 固定するためのプレートが折損することがある
  • 脊髄や神経根が損傷してしまうことがある
  • まれに手術をした場所のとなりの椎間板に障害が出てしまう「隣接椎間障害」という合併症も

所要時間、回復までの期間

2~3時間ほどの手術時間で、入院日数は5~7日です。
手術後の状態が体になじむまで、数ヶ月ほどかかります。

生活の制限、注意点など

頸椎カラーを2週間程度着用します。
術後は、首を前後座右に過度に曲げ伸ばしたり、ねじったりしないようにします。就寝中はカラーを外せます。
飲酒については禁止されていませんが、自転車や自動車の運転は首の動きが制限されているため危険です。

費用

30~60万円程度
健康保険が適応されます。

椎弓形成術

椎弓に切り込みを入れ、狭くなった脊柱管を広げる手術方法です。神経への圧迫を取り除き、痛みを軽減させます。

治療方法(治療のメカニズム)

首の後ろ側の椎弓を切開し、間に自分の骨や人工骨を挿入して脊柱を拡大。脊髄の圧迫を取り除きます。

手術の流れ

  1. 首の後ろ側を10cmほど切開します。
  2. 顕微鏡で確認しながら椎弓をドリルで削りながら切開
  3. 狭くなっている脊柱の間に自分の骨や人工骨をいれます。

切開方法には、椎弓の正中で開く縦割式と、椎弓の片側からドアのように開く片開き式があります。

どんな人に向いている治療か

椎間板ヘルニアの症状が重度な人でも受けることができる手術であり、

  • 神経が通る脊柱管が狭くなった( 狭窄症 ) 場合や軽度のヘルニアの人
  • 圧迫を起こしている椎間が複数ある人
  • 生まれつき脊柱管が狭い「発育期脊柱菅狭窄症」をもつ人

にも適応できる治療方法です。

メリット

  • 一度にすべての椎間を手術することができる
  • 再発が非常に少ない
  • 椎弓形成術は頸椎の手術の中でも成功率が高い

デメリット(リスク)

  • 脊髄や神経根が損傷してしまうことがある
  • 移植をする骨を採取した骨盤の血腫・感染・痛みなどが出ることがある
  • 術後に頚部の痛みが出ることや、肩が上げられなくなることがある
  • 術後の回復に時間がかかる

所要時間、回復までの期間

1~2時間ほどの手術時間で、入院日数は2週間程度です。
手術後の状態が体になじむまで、数ヶ月ほどかかります。

生活の制限、注意点など

頸椎カラーを2~3週間程度着用します。
術後は、首を前後座右に過度に曲げ伸ばしたり、ねじったりしないようにします。就寝中はカラーを外せます。
飲酒については禁止されていませんが、自転車や自動車の運転は首の動きが制限されているため危険です。

費用

30~40万円程度
健康保険が適応されます。

他の術式「レーザー」「内視鏡」との違いを
確認してみる

頸椎椎間板ヘルニアの治療で切開手術に取り組んでいるクリニック

品川志匠会病院(東京)

MacFという低侵襲手術を行う数少ない病院

品川志匠会病院公式サイト
引用元:志匠会HP http://www.shisyokai.jp/

品川志匠会病院は、2013年11月に開院した脊椎疾患に特化した手術を行う病院です。 日本脊椎脊髄病学会指導医の大田院長をはじめ、高度な技術を持った医師が在籍しており、看護師などスタッフの専門性も高いと評判です。そのため、セカンドオピニオンを目的とする人も少なくありません。

注目すべきは圧倒的な手術の実績。読売新聞社発行『病院の実力 2018年総合編』によると、品川志匠会病院の首・腰の手術数は、2017年1月~12月の1年間で総手術数1,267件、うち頸椎に関する手術は433件にのぼります。 主に行っている手術は、椎弓形成術、前方固定術、頸椎後方固定術、MacF(マックF)など。

     
クリニック情報
所在地 東京都品川区北品川1-29-7
アクセス 京浜急行線 「北品川駅」「新馬場駅」から 徒歩5分
JR線・京浜急行線「品川駅」から タクシー5分
りんかい線「 天王洲アイル駅」から タクシー8分
電話番号 03-5781-0700
診療時間 (受付時間)8:00~12:00、14:00~17:00 ※月曜日午後のみ大田院長完全予約制
休診日 日曜日、祝日

頸椎椎間板ヘルニア治療で注目の医師がいる
品川志匠会病院をもっと詳しく知る

品川志匠会病院の公式サイトはこちら

品川志匠会病院に電話で問い合わせる

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センター

年間約600例の脊椎脊髄の手術実績

新小文字病院公式サイト
引用元:新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターHP
http://center.shinkomonji-hp.jp/

新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターでは、脊髄脊椎外科医療チームとして治療をおこなっており、患者から高い評価と信頼を得ています。
わずか10年足らずのあいだに、九州だけではなく日本各地から外科的治療を受けに訪れる患者が増加。2019年1月現在の公式サイトの記載によると、年間約600例の脊椎脊髄の手術実績を誇る病院です。

病院理念である「手には技術、頭には知識、患者様には愛を」。新小文字病院 脊髄脊椎外科治療センターでは、この基本理念のもと、患者の心に寄り添った脊椎外科専門だからこその質の高い医療を提供しています。

     
クリニック情報
所在地 福岡県北九州市門司区大里新町2-5
アクセス JR「門司駅」より徒歩約10分
電話番号 093-391-1001
診療時間 受付時間
 午前 8:30~11:30 午後 14:00~17:00
診療時間
午前 9:00~12:00 午後 14:00~17:00
予約外の新患・再診受付:午前8:30~11:00  新患でも予約可能です
休診日 日曜・祝日、土曜日午後

頸椎椎間板ヘルニア治療で注目の医師がいる
新小文字病院をもっと詳しく知る

新小文字病院の公式サイトはこちら

新小文字病院に電話で問い合わせる