頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 症状・原因・ケア方法…首のヘルニアQ&A » どんな病院を選べば良い?

どんな病院を選べば良い?

頸椎ヘルニア治療を受ける病院の選び方をまとめています。

失敗しない病院の選び方:頸椎ヘルニア編

何を基準に病院を選んだらいいのかわからない、そんな人のために病院やドクターを選ぶポイントを紹介します。

整形外科は全国にたくさんありますが、椎間板ヘルニアの治療を専門としている病院は実は数えるほどしかありません。ヘルニアの名医と出会うためには、自らリサーチして動くことが必要なのです。

では、良い病院にめぐり合うための病院選びのポイントを見ていきましょう。

症例数が多い

ヘルニアの症状は一人ひとり異なります。

これまでに執刀した手術数が多く、実績のある病院は、どんな症状にもある程度対応できるので安心感があります。

また症例数が多いほど、自分の状態に合った治療法が見つかる可能性が高くなります。できれば手術の内容や毎年の症例数を公開している病院を選びましょう。

治療方針や料金が明確か

残念な話ですが、病院の中には経営を優先するところも少なからずあります。そのため費用が明確に提示してあるかの確認も必要です。

治療方針がはっきりしており、分かりやすく治療内容を説明してくれる病院は信頼できます。

脊椎・脊柱の専門医がいるか

整形外科の医師にもそれぞれ得意分野があります。

大切な首の治療をお願いするのであれば、ぜひ脊椎・脊柱の専門医(指導医)がいる病院を選びましょう。

そして、整形外科がヘルニアの対処療法ではなく“完治”に力をいれているかどうかも重要です。ホームページから得意とする分野をチェックしておきましょう。

品川志匠会病院

品川志匠会病院は、頚椎椎間板ヘルニアの治療や手術実績を多数持っている病院です。 院長の大田快児先生は、さまざまな病院で整形外科医としての経験を積み、日本整形外科学会の専門医を取得しているほか、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊椎・脊髄神経手術手技学会にも所属しています。

副院長の梅林猛先生は、脳神経外科を中心に経験を積まれたドクターで、日本脊髄外科学会の専門医、日本脳神経外科の専門医を取得しています。

日本脳神経外科学会、日本脊椎外科学会、日本脊椎脊髄神経手術手技学会に所属しており、その豊富な知識と経験を頚椎椎間板ヘルニアの治療に活かしています。

北海道整形外科記念病院

頚椎や脊椎の手術を得意としている北海道整形外科記念病院。常勤顧問であり名誉理事長の藤谷正紀先生は、国際整形災害外科学会、アジア・パシフィック整形外科学会、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄障害医学会に所属しているドクターで、主に脊椎を専門としています。

理事・診療部長、脊椎外科センター長の織田格先生も、首から腰を専門としているドクターです。

国際腰椎学会、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄障害医学会、日本脊椎インストゥルメンテーション学会、北海道生計災害外科学会、欧州脊椎学会に所属し、日々専門知識を高めています。

ほかにも、北海道整形外科記念病院には頚椎や脊椎を専門としているドクターが多数在籍しており、多くの患者さんが治療や手術を受けています。

はちや整形外科病院

はちや整形外科病院理事長の蜂谷裕道先生は、長年整形外科についての経験を積み、高い専門性を養ってきたドクターです。

整形外科に関する多くの資格を取得されており、日本整形外科学会認定の整形外科専門医、同学会認定の脊椎脊髄病院、同学会認定の脊椎内視鏡下手術、技術認定医(2種)、日本リハビリテーション医学会専門医を取得されています。

同院院長の村松孝一先生も、はちや整形外科病院で長年経験を積まれたドクターです。

日本整形外科学会認定の整形外科専門医、同学会認定のスポーツ医、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会関節鏡技術認定医(膝)、日本整形外科学会認定の脊椎脊髄病医の資格を取得されています。

ほかにも、はちや整形外科病院には豊富な知識と経験をもつドクターが多数在籍しています。

伊東くりにっく

伊東くりにっくの伊東信久院長は、整形外科における豊富な知識と経験を持つドクターです。

日本形成外科学会専門医、日本レーザー医学会専門医、同学会指導医の資格を取得されているほか、国際形成外科学会や国際レーザー医学界の正会員、日本形成外科学会、日本脊椎脊髄病学会の正会員など、多くの学会に所属し、日々新しい知識と技術を習得して患者の治療に活かしています。

治療は多くの臨床経験を持つ伊東院長が中心となって行うため、安心して手術や治療に臨めることから、多くの患者が伊東院長を頼りに通院されています。

新小文字病院

新小文字病院には、整形外科を専門とする高い技術と知識を持ったドクターが多数在籍しています。

脊椎脊髄外科治療センター長兼脊髄脊椎外科主任部長の高橋雄一先生は、日本脳神経外科学会の専門医と指導医、日本脊髄外科学会の認定医と指導医の資格をもち、多くの臨床経験を持つドクターです。

脊髄脊椎外科胃腸の久壽米木亮先生は、日本脳神経外科学会専門医の資格をもつほか、同学会と脊髄外科学会、脊髄障害医学会に所属し、日々新しい医療技術を学ばれています。

ほかにも専門性の高いドクターが揃っていますので、頚椎椎間板ヘルニアの治療においても多数の臨床実績があり、たくさんの患者がその技術を求めて通院されています。

評判

最後に、口コミのリサーチも忘れてはいけません。インターネットなどで検索して評判の良い整形外科の病院も調べておきましょう。

また、治療では自分の状態をきちんと伝えることも大事です。医師や看護師などに話しやすい雰囲気があるかも口コミでリサーチしておきたいポイントです。

当サイトではこれらの条件に合致するおすすめの病院を紹介しています。病院選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

地区別・頸椎ヘルニア治療でおすすめの病院はこちら

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド