頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 頸椎椎間板ヘルニア治療で評判の病院リスト » 伊東くりにっく

伊東くりにっく

頸椎椎間板ヘルニアの治療で評判の病院、近畿・中国・四国代表、大阪の伊東くりにっくを紹介します。

大阪の伊東くりにっくが頸椎椎間板ヘルニア治療で評判の理由

頸椎椎間板ヘルニア治療で評判の大阪の病院・伊東くりにっく伊東くりにっくは、椎間板ヘルニアをレーザーで治療する専門院です。多くの著名人が治療を受けたこともあり、頸椎椎間板ヘルニアの日帰り手術ができる病院として知られています。

この病院が行う頸椎椎間板ヘルニアの治療は、レーザーを用いたPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)という新しいものです。

PLDDは患者の体への負担が少なく、日帰りも可能な手術として注目を集めていますが、専門家の数が少なく、適切な治療を施すには熟練の技が必要です。

伊東くりにっくでは、延べ6,000例を超える症例数があり、実績豊富。この病院で治療を受けた患者の82%が、症状が改善したと答えています。

PLDDは重度のヘルニアには向かない、保険適用外というマイナス面もありますが、伊東くりにっくは早期に復帰したい多くの患者さんから支持されています。

伊東くりにっくの口コミ評判

  • もともと切開手術を受ける予定でしたが、知人に勧められてこちらを受診しました。PLDD手術は針がチクッと痛みますが、レーザーは痛くもなく、むしろ気持ちの良い響きで快適でした。
    完治したというわけではありません が、痛みが5分の1くらいになったのでかなり楽になりました。
  • ほかの病院で切開手術しかないと言われていましたが、こちらで切開することなく完治できて本当に驚いています。
    翌日から仕事に復帰することもできました。ホームページで治療実績が開示されており、信頼できるクリニックだと思います。
  • 手術中、先生が私の緊張を解きほぐそうと明るく話しかけてくださいました。わずか15分足らずで手術が終了、終わってみると、あんなに緊張していたのがウソのように簡単でした。
    手術後は痛かったことを忘れたように楽になり、とっても満足しています。

伊東くりにっくの概要

病院名 伊東くりにっく
所在地 大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F
大阪中之島クリニックモール内
治療実績 年間約360例(うち頚椎は40例)
治療方法 PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
診療科目 整形外科、形成外科、内科
公式サイト 公式サイトはこちら

伊東くりにっくの名医紹介

伊東くりにっく院長の伊東信久先生は、1995年神戸大学医学部医学科を卒業後、富永脳神経外科、寺本記念病院整形外科を経て、大阪市立大学大学院医学研究科入学・卒業、城東中央病院形成外科医長、名駅クリニック院長などを経て2006年1月に伊東くりにっくを開業しました。

伊東くりにっくを開業するまでに勤めた病院・診療所では、PLDDが優れた治療法であること、PLDDの専門家が日本に少ないことを感じていたそうです。この点が、伊東くりにっくを開業する原動力になったのかもしれません。

PLDDとは

PLDDとは、経皮的レーザー椎間板減圧術のこと。治療が難しかった椎間板ヘルニアをレーザーにより治療する新しい治療法です。メリットは、「患者にかかる負荷が少ないこと」と「傷口がほとんど残らないこと」と「日帰り手術が可能なこと」です。

伊東くりにっくでPLDDを受けた方の94%で改善がみられているそうです。日本で、PLDDをいち早く取り入れた伊東信久先生は、圧倒的な臨床数を持っています。まさに、PLDDの名医といえるでしょう。

首や腰の痛みに悩まされていても、病院では「坐骨神経痛」や「腰椎症」などの名前を付けられるだけで治療を受けられないことが少なくありません。伊東信久先生は、正しい方法で詳しく調べることで本当の原因を調べて最適な治療法を提案しています。治療を受けた方の中には、「魔法のようだ」「夢のようだ」と喜ぶ方が少なくないそうです。

伊東信久先生はPLDDの第一人者

伊東信久先生は、PLDDの第一人者であるとともに日本形成外科学会専門医、日本リハビリスト協会顧問医師、国際形成外科学会正会員、国際レーザー医学界正会員、日本レーザー医学界指導医などの資格を取得しているほか、脳神経感染症の研究で大阪市市長賞・大阪市医学会会長賞を受賞しています。誰にとっても、信頼できる医師といえるはずです。

伊東くりにっくの治療方針

伊東くりにっくは、腰や首、肩の痛みが生活に与える影響はとても大きいと考えています。慢性的な痛みやしびれなどに悩まされている方が、ふさぎ込んでしまうことは少なくないからです。辛く苦しい悩みを解決する第一歩として、腰や首、肩の痛みがどのような原因で生じているか正確に診断することを重視しています。

伊東くりにっくの丁寧な問診

そのために行っているのが、丁寧な問診です。伊東くりにっくでは、初診時にしっかりと時間をかけて問診します。具体的には、「痛みやしびれが生じている個所が身体の右側なのか左側なのか」「腰なのか脚なのか」「痛みやしびれが生じている個所が具体的にどのあたりなのか」「どのようなときに痛みやしびれが生じるのか」「これまでの経緯」「痛くなってからの期間」「痛くなったきっかけ」などを確認します。診察・検査を行うのはそのあとです。検査ではレントゲン・MRI撮影などを行っています。MRIは、伊東くりにっくの近くにある提携病院で撮影します。

伊東くりにっくが積極的に取り組んでいる治療がPLDDです。PDLLは、椎間板に針を刺してレーザーを放出することで椎間板のはみ出た部分をひっこ込めることが出来ます。椎間板ヘルニアの治療、手術と聞くと多くの方が不安を感じることもあるかと思いますが、PLDDで行うのは、局所麻酔を打ってから背中に針を通してレーザーを照射するだけです。手術に必要な時間は5~10分。個室で1時間ほど休めば即日退院も可能です。患者の負担を考えて、PLDDに積極的に取り組んでいる点は伊東くりにっくの大きな特徴といえるでしょう。

伊東くりにっくは、腰や首、肩の痛み・しびれが人それぞれであることを理解しています。基本的には、ネットで無料診断を申し込んでから受診となりますが、急を要する方での申し込みは電話でも受け付けています。患者の身体を第一に考えてくれるので、安心して相談できるはずです。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド