頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 【番外編】頸椎や腰椎だけじゃない?様々な種類のヘルニア » 臍ヘルニア

臍ヘルニア

臍ヘルニア(さいヘルニア)が起こってしまう原因とその症状、予防策から対策方法までをまとめました。

臍ヘルニアとは?

臍ヘルニアとは、腸が臍(へそ)の皮のすぐ裏側まで来てしまう病気のことで、いわゆる「でべそ」のこと。一般的に幼児期に発症する例が多く見られます。

指で押すと奥の方へおさまっていきますが、何かのきっかけがあれば、元の状態に戻ってしまいます。

乳児の5~10人に1人の割合で見られる症状で、決して珍しい病気ではありません

臍ヘルニアの症状と原因

  • 症状

患者のほとんどが0才児のため、どのような自覚症状があるか判断できない面があります。しかし、痛みを感じている様子がないことからも、特に大きな自覚症状はないと考えられます

生後3ヶ月にかけてヘルニア部分はどんどん大きくなり、中には3センチ程度まで成長する例も。しかし、とても柔らかいのですが、破れてしまうことはないので安心してください。

  • 原因

強くお腹に力を入れたり、激しく泣いたりすることによるお腹への圧力が原因です。

乳児はお腹の筋肉が未発達で、とくに新生児期の場合は、筋肉と筋肉の間にすき間があります。お腹の中から強い圧力がかかると、このすき間から腸が顔を出し、臍ヘルニアの症状に至ります。

臍ヘルニアの予防と対策

  • 予防

とくに予防法はありません。発症した場合に限り、事後的に対処します。

  • 対策

ほとんどが自然治癒します。ハイハイなどを通じた腹筋の強化にともない、患者のおよそ90%は1歳ごろまでに自然治癒します

症状の改善が見られない場合には、小児外科で適切な処置をしてもらいましょう。場合によっては、手術が必要になることもあります。ヘソの皮のたるみが残ってしまった場合、気になるならば形成手術で整復することも可能です。

なお「でべそ」にまつわる俗説や迷信には、注意が必要です。中でも多いのが、コインや硬貨をテープで貼り付けて押さえる方法。硬貨には菌も多く、肌のデリケートな乳児は、感染症を起こす危険性があります。テープで炎症を起こすこともありますので、絶対にやめましょう。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド