頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 【番外編】頸椎や腰椎だけじゃない?様々な種類のヘルニア » 鼠径(そけい)ヘルニア

鼠径(そけい)ヘルニア

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)が起こってしまう原因とその症状、予防策から対策方法までをまとめました。

鼠径ヘルニアとは?

鼠径ヘルニアとは、腸が筋肉をかきわけて、太ももの付け根の表面近くまで飛び出してしまう病気のこと。一般に「脱腸」と呼ばれます。大腸が入り込む例はまれで、小腸の場合がほとんどです。

腸が出てしまった場所によって、外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアの3つに分類されています。

  • 外鼠径ヘルニア
    腹壁の外側に出てしまう、もっとも一般的な鼠径ヘルニア。乳幼児から高齢者まで広く見られます。
  • 内鼠径ヘルニア
    腸が鼠径後方の腹壁から突き出てしまうヘルニア。主に中高年の男性に多く見られます。
  • 大腿ヘルニア
    特に産後の女性に多く見られ、鼠径部の下、足の付け根の血管の外側へ腸が入り込んでしまいます。合併症も引き起こしやすく、命に関わるため早急な治療が必要です。

鼠径ヘルニアは、老若男女、どんな人にも発症する病気ですが、とくに中高年男性に多いのが特徴となっています。

鼠径ヘルニアの症状と原因

  • 症状

初期段階では痛みがなく、患部に違和感がある程度です。症状が進行し、明らかな脱腸の状態になって、はじめて痛みが生じます。刺激されるような痛みを感じ、長時間立つことすら困難になります。

この段階に達すると、日常生活にも支障をきたすため、病院で診断を受ける方がほとんどです。しかし、放置してさらに症状が悪化すると、嵌頓(かんとん)状態になります。

嵌頓状態とは、飛び出した腸が筋肉で締め付けられている状態のこと。患部の腸には血液が届かなくなり、壊死が始まります。最悪の場合、命にも関わるため、症状を感じたらすぐに診察を受けましょう。

  • 原因

鼠径部の筋肉の緩み、内部からの圧力が原因です。

多くの中高年男性は、運動不足によって筋肉量が減っています。内側からなんらかの圧力が加わることで、筋肉の緩んだ部分から、腸が飛び出してしまいます。

なお、鼠径部には、どんなに鍛え抜かれた体の持ち主でも、2~3センチ程度の弱い箇所が存在します。そこからヘルニアに至るケースも少なくないため、中高年に限らず、誰にでも起こりうる病気だといえます。

鼠径ヘルニアの予防と対策

  • 予防

第一の予防法として、急にお腹に力を入れないことが挙げられます。

重いものを持ち上げるときは一呼吸おき、体勢を整えてからゆっくりと持ち上げましょう。くしゃみにおいても、座って支えをつかむと力まずに済みます。

また、運動不足や肥満、便秘などの人に多い病気でもあるので、生活習慣の見直しが有効な予防法になるでしょう。

いわゆるメタボ対策を行うことで、鼠径ヘルニアの予防にもつながります。

  • 対策

一度、鼠径ヘルニアになってしまったら、自然治癒することはありません。手術によって、腸が飛び出してくる部分に蓋をする必要があります。

かつては、半ば無理に周辺の筋肉などをかき集めて対処していたそうですが、現在では人工的に作られた「蓋」を使うことが通常。40年以上にわたる120万件以上の症例があるため、安全性も保証されています。

軽度のものであれば、鼠径ヘルニアは日帰り手術も可能。腹腔鏡による手術も行われています。

いずれの場合も予後は良好ですが、再発を防ぐためにも、先ほど記した「予防策」を講じることが大切です。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド