頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

ここでは、名古屋エリアの、頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院を3院紹介しています。

頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院リスト~名古屋編~

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック
あいち腰痛オペクリニックのHP画像 所在地 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
アクセス ●名鉄犬山線 犬山駅からタクシーで約7分
診察時間 月~水、金、土/8:30~12:00、14:00~17:00
休診日:木、日祝
病院の特徴
腰痛を専門に扱う、あいち腰痛オペクリニック。特に力を入れているのは、ヘルニア治療です。最小侵襲脊椎手術は、大きな切開を必要とせず、身体への負担を抑えているため、入院も一泊二日でOKです。専門医がなんと5名も所属しているので、安心感が違います。
名医の紹介
伊藤不二夫 あいち腰痛オペクリニック理事長・院長
出身 1971年 名古屋大学医学部卒業 
所属学会等 日本整形外科学会専門医
藤田保健衛生大学 脳神経外科学講座 脊椎外科 客員教授
最小侵襲脊椎手術の日本における第一人者
伊藤院長・あいち腰痛オペクリニックの口コミ
  • 仕事柄、長時間のパソコン作業が続くため、いつも右肩や右腕に痛みを感じていました。ブロック注射や痛み止めで対処していましたが、全く改善されないので、ここで手術をお願いしました。重度のヘルニアだったため、切開手術になりましたが、6日間の入院で済み、すぐに仕事に復帰できたので良かったです。
  • 手術は正直不安でしたが、親切なスタッフさんの支えもあって、安心して手術に向かえました。病院も、清潔感があり、アメニティグッズも充実しているので、心地よく入院生活が過ごせました。
  • 最初は、日帰りレーザーを考えていたのですが、勧められたPELD手術を勧め一泊二日で受けました。また、手のしびれは少しありますが、首の痛みは改善されたので、ストレッチや散歩でケアしています。
はちや形成外科病院
はちや形成外科病院のHP画像 所在地 愛知県名古屋市千種区末盛通2-4   
アクセス ●東山線覚王山駅2番出口より徒歩2分
診察時間 月~土/9:00~12:00、14:00~17:00
休診日:土曜午後、日祝
病院の特徴
メインとなる、MED(内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術)での治療は、切開も小さいので、身体への負担を抑えることができます。合わせて、早期回復プログラムも実施しているので、従来に比べてかなり早い退院と社会復帰が実現しています。1年を通して、1200件以上の手術を行いますが、そのうちの半数程度が脊椎治療となっています。
名医の紹介
蜂谷裕道 はちや整形外科病院院長
出身 1984年 藤田保健衛生大学医学部 卒業  医学博士
所属学会等 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定 脊椎内視鏡下手術・技術認定医(2種)
日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄病外科指導医
日本リハビリテーション医学会 専門医
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会
日本側彎症学会
日本成人脊柱変形学会
日本股関節学会
日本人工関節学会
日本移植学会
日本組織移植学会
日本最小侵襲整形外科学会・日本リハビリテーション医学会
中部日本整形外科災害外科学会 等
蜂谷院長・はちや整形外科病院の口コミ
  • ここは、椎間板ヘルニアの手術が特に評判です。でも、全てレーザーというわけではなく、患者の状態に合わせた手術を選んでくれます。
  • 院長先生は、実績もあり、たくさんの手術を執刀されているので、安心です。技術はもちろんですが、自分の症状について、丁寧に説明してくださるのが良かったです。あとここは、リハビリ設備がかなり充実しているのも良いです。
  • ヘルニアの治療を名古屋市内でするならば、ここがお勧めです。やっぱり院長先生の実績を見れば、安心ですし。3T-MRIといった最新機器も導入しているので、より自分に合った治療が受けられる病院です。
さくら整形外科・眼科
さくら整形外科・眼科のHP画像 所在地 愛知県名古屋市東区筒井4-25 
アクセス ●地下鉄桜通線車道駅より徒歩8分
●地下鉄東山線千種駅より徒歩12分
●市バス バス停建中寺東より徒歩1分
診察時間 月~金/9:00~12:00 、16:00~19:00
休診:土曜午後、日、祝
病院の特徴
PLDDレーザー装置によるヘルニア治療が受けられる、さくら整形外科・眼科。
今までの切開手術に比べて身体の負担が軽いレーザー治療は、その有効性もかなり高いものです。手術にかかる時間もわずか10分です。ヘルニア以外にも、レーザーを使用したイビキの治療や、アレルギー性鼻炎の治療なども受けられます。
名医の紹介
小森剛 さくら整形外科・眼科院長
出身 1990年 藤田保健衛生大学医学部卒業
所属学会等 日本整形外科学会認定医
日本リハビリテーション学会認定医
小森院長・さくら整形外科の口コミ
  • TVで見て、ここの日帰り手術を決めました。私のヘルニアはかなり重度だったので、さすがに完治はしませんでしたが、もう今では時々痛みがある程度です。待合室もかなり混雑していたので、やはり人気の病院なんですね。
  • 先生がとても親身になって、色々相談にのってくれました。長年、腰痛に悩んでいたのですが、説明も丁寧でしたし、メリットもデメリットもちゃんと教えていただけたのが良かったです。
  • レーザー治療が有名なので、遠方からの患者さんなどで、いつも混んでいますが、スタッフさんの対応も良いので、特に不満なく過ごせます。ヘルニアの痛みで悩んでいるなら、受診してみるとよいと思います。

名古屋で頸椎椎間板ヘルニアの名医の探し方

国から広告を認められた専門資格を持つ医師をチェックする

専門医とは?

専門医とは、各診療領域においてより専門的な教育を受け、知識や診療経験、資料態度などをより深く学び、「患者から信頼される標準的な専門医療を提供できる医師」として認められた医師のことです。

各学会が専門医制度を設けていて、専門医が習得すべき研修カリキュラムを定めています。 それらのカリキュラムを消化し、また各学会が定めた実務経験年数を満たすことで、専門医の資格を取得することが可能となります。ですから、専門医の資格を取得している医師は、その分野においてより深い知識と医療技術を持っていると判断できます。

椎間板ヘルニアの治療に特化した専門医

2002年以降、医師や歯科医師、看護師、薬剤師が持っている専門的な資格において、厚生労働省が認可した専門資格のみに広告が認められるようになりました。 それぞれの学会に、専門医の資格を取得する医師の名簿が記載されています。学会のホームページにアクセスすると専門医を調べることができますので、そちらを参考に専門医を検索してください。

椎間板ヘルニアの治療に特化した専門医は、整形外科の学会に所属している医師をチェックするとよいでしょう。また、それぞれの医師が運営するクリニックにも、専門医の記載をしているケースが多いので、クリニックを探す場合は専門医であるかどうかに注目してみるとよいと思います。

学会の評議委員名簿もチェック

専門医の中でもさらなるスペシャリストを探したいというときは、学会のホームページに掲載されている「評議員名簿」をチェックしてみましょう。評議員名簿に記載されている医師は、専門医を指導をする立場であることも多く、より名医と呼ばれるにふさわしい医師たちです。

ただし、所属している病院やクリニックなどの情報までは掲載されていないので、名簿で名前を調べてからさらに検索をかけて、どの病院に所属しているかを調べる必要があります。

また、これらの医師はかなりの名医としてすでに高い知名度を持っているため、初診でスムーズに診察してもらうことが難しかったり、紹介状がないと診察を受けられないというケースも多いようです。 診察してもらえるまでの流れについて確認しておくことも忘れないようにしてください。

「かかりつけ医」の存在は重要

名医を探しても、紹介状がないと診察を受けられないのでは元も子もありません。 ここで重要となるのが、「かかりつけ医」の存在です。かかりつけ医に診てもらい、より名医とされる医師の診療を受けたいとなったときに、かかりつけ医に紹介状を書いてもらえます。

かかりつけ医を探す際にも、専門医であるかを確認しておくのは信頼できる医師探しの上でとても役立ちます。

口コミチェックも有効だが鵜呑みにしすぎはNG

最近はインターネットの口コミサイトなどで病院や医師の口コミをチェックすることが容易になりました。ほかにも、友人や知人から評判を聞いたりして、何かと口コミを頼りにする人も多いと思います。

これらの口コミはもちろん名医探しに有効な方法のひとつですが、どうしてもそれぞれの主観が入ってしまうため、自分に必ずしも当てはまるとは限らない点に注意が必要です。 特に診療態度などは患者によって感じ方が違いますので、口コミ評価はあくまで情報のひとつと捉え、あまり鵜呑みにしすぎることのないように気をつけましょう。 特に手術が必要な場合は、その人の専門性や経験などを重視し、かつ信頼できる医師を探すことをおすすめします。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド