menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

名古屋ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

名古屋エリアで頸椎椎間板ヘルニア手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から名古屋の名医を探そう
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

あいちせぼね病院

せぼねのあらゆる治療をおこなう脊椎専門病院

あいちせぼね病院公式サイト
引用元:あいちせぼね病院HP https://www.itoortho.jp/

公式サイトにおいて11年間で13,052件という脊椎の手術実績を公表している“せぼね(脊椎)専門の医師集団”の名をもつ全医会グループ。その中核病院が、あいちせぼね病院です。

頸椎椎間板ヘルニアの薬物療法やリハビリ療法から、最新技術により最小侵襲手術、大きな切開を必要とする手術まで、幅広く対応する脊椎専門病院です。特に最小限の切開で治療が可能な「最小侵襲脊椎手術」に積極的に取り組んでいます。

院長の伊藤全哉氏は脊椎治療の第一人者としてテレビや雑誌、新聞などのメディアに多数とりあげられ、全国から注目を集めています。

注目の

PECD(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術・前方アプローチ)

症例数:157
(2007年1月~2017年12月)
※全医会での実績

PECD(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術・前方アプローチ)とは

大きなヘルニアで痛みが強いが、骨棘が顕著でない場合におこなわれる一泊手術です。全身麻酔をして、3.5mm内視鏡下に2mm小鉗子で直接ヘルニアを摘出。レーザー光線で髄核凹凸を凝縮固定化します。

PECD(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術・前方アプローチ)イメージ
引用元:あいちせぼね病院HP https://www.itoortho.jp/spine/pecd.html
メリット
  • 4mm操作管による手術で体に負担が少ない
  • 翌日退院が可能
  • 神経への接触がなく、術後癒着がない
  • 傷口は4mmと目立たず、抜糸や消毒ガーゼ交換不要でカットバンのみ
デメリット
  • 保険適用外のため、費用が高額
  • 食道や気管、頸動脈などを傷つける可能性がある
  • 術部をモニターで確認しながらの手術であるため、高い技術力や経験がないと重大な事故を起こす可能性もある

手術費用:1,300,000円

※保険適用外のため自費診療となります。

そのほかにかかる費用

入院費用:個室は差額ベッド料1日40,000円(税別)

あいちせぼね病院の
注目の医師紹介

Doctor

伊藤 全哉医師

あいちせぼね病院の院長である伊藤全哉医師は数々の海外での研究・経験を経て、平成29年に全国初となる脊椎に特化したあいち背骨病院を開業しました。これまでに「脊椎脊髄外科指導医」や「脊椎内視鏡手術・技術認定医」など、さまざまな学会認定専門医を取得。豊富な経験を活かし、メディアにも多数出演しています。

経歴

平成3年3月 旭丘高校 卒業
平成10年3月 名古屋大学 医学部 卒業
平成10年4月 名古屋第一赤十字病院 整形外科
平成15年4月 国立長寿医療研究センター 整形外科
平成16年10月 愛知厚生連 渥美病院 整形外科
平成17年4月 名古屋大学医学部付属病院 整形外科
平成21年7月 Emory spine center (GA,Atlanta)
平成22年10月 豊橋市民病院 整形外科 副部長
平成23年5月 名古屋大学医学部付属病院 整形外科 助教
平成28年4月 全医会 伊藤整形・内科あいち腰痛オペクリニック 副院長
平成29年4月 あいちせぼね病院 院長

資格

日本整形外科学会専門医
医学博士
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
脊椎内視鏡視手術・技術認定医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日体協公認スポーツドクター
AO Spine delegates

     
クリニック情報
所在地 愛知県犬山市五郎丸上池31-1
アクセス 名鉄犬山線「犬山駅」よりタクシー約7分
JR「名古屋駅」よりタクシー約40分
電話番号 0568-20-9100
診療時間 午前8:00~11:30、午後14:00~16:00
休診日 木・日・祝日

あいちせぼね病院の公式サイトはこちら

あいちせぼね病院に電話で問い合わせる

藤田保健衛生大学整形外科

病診連携で適切な治療を提供する脊椎外科指導育成機関

藤田保健衛生大学整形外科公式サイト
引用元:藤田保健衛生大学整形外科HP
http://www.fujita-hu.ac.jp/~seikei/

藤田保健衛生大学整形外科は、日本脊椎脊髄病学会から脊椎外科指導育成機関に認定された病院です。主に、開業医に診療されてから入院治療や手術が必要な患者を引き受けています。手術方法はできる限り低侵襲手術を選択。患者が納得した状態で治療にあたります。頸椎椎間板ヘルニアの手術にあたっては、筋肉を極力温存し筋肉を骨からはがさない手術(白石式アプローチ)を取り入れて手術を行っています。

注目の

頚椎後方除圧手術(頚椎椎弓形成術)

症例数:不明

頚椎後方除圧手術(頚椎椎弓形成術)とは

頚椎椎弓形成術とは、後方から脊柱管を物理的に拡げて脊髄や神経根への圧迫を取り除くことにより、上肢や脊髄の症状を軽減させます。手術用の顕微鏡を使用しておこない、“白石式” という筋肉を極力温存し筋肉を骨からはがさない手術を採用しています。

頚椎後方除圧手術(頚椎椎弓形成術)イメージ
引用元:藤田保健衛生大学整形外科HP
http://www.fujita-hu.ac.jp/~seikei/outline/sekitsui.html
メリット
  • 手術後の痛みが少ない
  • 術後の頚椎カラーを必要とせず、手術後の運動制限がほとんどない
  • 手術中の出血量が少ない
  • 術後もくびの姿勢がくずれにくい
デメリット
  • 脊髄や神経根が損傷してしまう可能性がある
  • 移植をする骨を採取した骨盤の血腫・感染・痛みなどが出る可能性がある
  • 術後に頚部の痛みが出たり、肩が上げられなくなることがある
  • 術後回復に時間がかかる

手術費用:保険診療(3割負担)

そのほかにかかる費用

入院費(差額):4人部屋 1,000円/日、個室 5,000円~13,000円/日、特別室 20,000円~100,000円/日

藤田保健衛生大学整形外科の
注目の医師紹介

Doctor

志津 直行医師

志津直行医師は、日本脊椎脊髄病学会から脊椎外科指導育成機関に認定された藤田保健衛生大学整形外科の講師として診療にあたっています。専門分野は、脊椎脊髄疾患・椎間板ヘルニアの自然縮小に関する臨床・基礎研究。脳神経外科内の脊椎脊髄グループとともに、藤田保健衛生大学病院の脊椎脊髄センターを運営。丘雄介助教と各自が得意分野を担当し協同で診療に当たっています。

経歴

平成3年 藤田保健衛生大学卒業

資格

日本整形外科学会認定医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
東海脊椎外科学会幹事

     
クリニック情報
所在地 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
アクセス 名鉄名古屋本線「前後駅」より 名鉄バスで15分 「大学病院」下車
電話番号 0562-93-2165 (整形外科外来直通)
診療時間 受付時間:月曜日~土曜日 8:15~11:30
診療時間:月曜日~金曜日 8:45~17:00、土曜日 8:45~12:30
休診日 日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

藤田保健衛生大学整形外科の公式サイトはこちら

藤田保健衛生大学整形外科に電話で問い合わせる

さくら整形外科・眼科

1996年から20年以上にわたるレーザー治療の実績を持つ

さくら整形外科・眼科公式サイト
引用元:さくら整形外科・眼科HP
http://www.sakura-seikei.net/

平成13年に院長の小森院長が、「さくら整形外科・眼科、名古屋レーザー医療センター」として開設しレーザー治療に特化したクリニックです。 椎間板ヘルニアをはじめ、いびき、鼻炎などの治療をレーザーによって行っています。 薬、リハビリ、神経ブロック注射などの保存治療には限界があり、短期間で再発してしまうこと、全身麻酔で行う外科手術では事故リスクや合併症、長期入院などの問題があることから、1996年からレーザー治療に注力。多くの実績を積んでいます。

注目の

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

症例数:1996年~現在まで施術

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)は、レーザーを照射することによって椎間板の中に空洞をつくり、内圧をさげて神経への圧迫を除き、圧迫によって起きていた痛みやしびれを改善に導く手術です。経皮的とは、皮膚も筋肉も切開せずに行うこと。局所麻酔で行い、体への負担が少ないので入院が不要。早期の回復が見込めるのが特徴です。

PLDD治療イメージ
引用元:さくら整形外科・眼科HP
http://www.sakura-seikei.net/flow/
メリット
  • 局所麻酔なので安心・体への負担が少ない
  • 精神的な負担も少ない
  • 切開しないので、傷痕もほとんどのこらない
  • 日帰りできる・入院不要
  • 回復が早い(仕事に早く復帰できる)
デメリット
  • 重度のヘルニアには適さない
  • 針を刺す治療なので、リスクがないとはいえない
  • 費用が高い(自費診療)

手術費用:1ヵ所目 450,000円、2ヵ所目 180,000円

保険適用外の自費診療となります。

さくら整形外科・眼科の
医師紹介

Doctor

小森 剛医師(院長)

1996年にPLDD治療と出会って以来、多くの症例と向き合っています。治療に適したレーザー機器にもこだわり、症状に合ったパワー・照射時間の設定で、より安全で、より良い結果に結びつくよう取り組んでいます。全国から患者さんが集まり、スポーツ選手なども治療を受けています。

経歴

1990年 藤田保健衛生大学医学部卒業
同大学病院整形外科入局
1996年 レーザーによる椎間板ヘルニア等の手術に取り組む
市中病院にて後輩の指導
2001年 名古屋市東区に「さくら整形外科・眼科、名古屋レーザー医療センター」設立

資格

日本整形外科学会認定医
日本リハビリテーション学会認定医

     
クリニック情報
所在地 名古屋市東区筒井4丁目25
アクセス 地下鉄桜通線「車道駅」1.2番出口より徒歩8分
地下鉄東山線「千種駅」1番出口より徒歩12分
JR中央本線「千種駅」より徒歩13分
市バス「建中寺東」下車 徒歩1分
電話番号 052-979-2001
診療時間 月~金 9:00~12:00、16:00~19:00
土  9:00~12:00
休診日 土曜午後・日曜・祝日

さくら整形外科・眼科の公式サイトはこちら

さくら整形外科・眼科に電話で問い合わせる

名古屋で頸椎椎間板ヘルニアの名医の探し方

国から広告を認められた専門資格を持つ医師をチェックする

専門医とは?

専門医とは、各診療領域においてより専門的な教育を受け、知識や診療経験、資料態度などをより深く学び、「患者から信頼される標準的な専門医療を提供できる医師」として認められた医師のことです。

各学会が専門医制度を設けていて、専門医が習得すべき研修カリキュラムを定めています。 それらのカリキュラムを消化し、また各学会が定めた実務経験年数を満たすことで、専門医の資格を取得することが可能となります。ですから、専門医の資格を取得している医師は、その分野においてより深い知識と医療技術を持っていると判断できます。

椎間板ヘルニアの治療に特化した専門医

2002年以降、医師や歯科医師、看護師、薬剤師が持っている専門的な資格において、厚生労働省が認可した専門資格のみに広告が認められるようになりました。 それぞれの学会に、専門医の資格を取得する医師の名簿が記載されています。学会のホームページにアクセスすると専門医を調べることができますので、そちらを参考に専門医を検索してください。

椎間板ヘルニアの治療に特化した専門医は、整形外科の学会に所属している医師をチェックするとよいでしょう。また、それぞれの医師が運営するクリニックにも、専門医の記載をしているケースが多いので、クリニックを探す場合は専門医であるかどうかに注目してみるとよいと思います。

学会の評議委員名簿もチェック

専門医の中でもさらなるスペシャリストを探したいというときは、学会のホームページに掲載されている「評議員名簿」をチェックしてみましょう。評議員名簿に記載されている医師は、専門医を指導をする立場であることも多く、より名医と呼ばれるにふさわしい医師たちです。

ただし、所属している病院やクリニックなどの情報までは掲載されていないので、名簿で名前を調べてからさらに検索をかけて、どの病院に所属しているかを調べる必要があります。

また、これらの医師はかなりの名医としてすでに高い知名度を持っているため、初診でスムーズに診察してもらうことが難しかったり、紹介状がないと診察を受けられないというケースも多いようです。 診察してもらえるまでの流れについて確認しておくことも忘れないようにしてください。

「かかりつけ医」の存在は重要

名医を探しても、紹介状がないと診察を受けられないのでは元も子もありません。 ここで重要となるのが、「かかりつけ医」の存在です。かかりつけ医に診てもらい、より名医とされる医師の診療を受けたいとなったときに、かかりつけ医に紹介状を書いてもらえます。

かかりつけ医を探す際にも、専門医であるかを確認しておくのは信頼できる医師探しの上でとても役立ちます。

口コミチェックも有効だが鵜呑みにしすぎはNG

最近はインターネットの口コミサイトなどで病院や医師の口コミをチェックすることが容易になりました。ほかにも、友人や知人から評判を聞いたりして、何かと口コミを頼りにする人も多いと思います。

これらの口コミはもちろん名医探しに有効な方法のひとつですが、どうしてもそれぞれの主観が入ってしまうため、自分に必ずしも当てはまるとは限らない点に注意が必要です。 特に診療態度などは患者によって感じ方が違いますので、口コミ評価はあくまで情報のひとつと捉え、あまり鵜呑みにしすぎることのないように気をつけましょう。 特に手術が必要な場合は、その人の専門性や経験などを重視し、かつ信頼できる医師を探すことをおすすめします。