menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 頸椎椎間板ヘルニアの名医はココにいる » 北海道ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

北海道ならココ!頸椎椎間板ヘルニアの名医

札幌・函館など、北海道エリアで頸椎椎間板ヘルニア手術で注目の医師のいる病院・クリニックを厳選しました。代表的な術式ごとに対応する病院を紹介します。

※このカテゴリで紹介する名医の定義は、頸椎椎間板ヘルニアの手術で力を入れている分野を持ち、その分野で指導医の資格を持つなど、多くの手術経験を持っている医師を指します。医師や病院同士を比べる目的はありません。

手術の方法から北海道内の名医を探そう
レーザー治療(PLDD)
メリット 日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット 高度な技術が求められる
重症には向かない
保険適用外
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い
メリット
日帰り可能
身体への負荷が少ない
傷はほぼ無し
仕事復帰が早い
デメリット
高度な技術が求められる
進行度合いによって効果が出ない場合がある
保険適用外
メリット
傷口小さめ
入院期間が短め
神経へのゆ着がない
デメリット
高度な技術が求められる
周辺器官・頸動脈を傷つける可能性
麻酔による合併症の可能性
PECDは保険適用外
メリット
病変を直接除去できる
保険適用
デメリット
深部感染の可能性
脊髄・神経根損傷の可能性
麻酔による合併症の可能性
入院期間が長い

北海道整形外科記念病院

先進医療を提供する運動機能再建に特化した病院

北海道整形外科記念病院HP
引用元:北海道整形外科記念病院HP http://www.hokkaido-seikei-kinen.jp/

整形外科における専門性を重視し、確かな知識と科学的根拠をもとに確実な治療を行っている病院です。加齢に伴う変形性疾患や脊椎手術、頚椎固定、関節形成手術など幅広い治療に対応していることから、北海道内はもちろん、道外からも多くの患者さんが訪れています。週刊朝日ムック「いい病院 2018」によると、2017年1月~12月の「せぼね(首・腰)」に関する手術実績は398件。全国で21位の実績を誇る病院です。

注目の

前方除圧固定術

症例数:※頸椎手術126
(2017年1月~12月)

前方除圧固定術とは

頸部の前方を約5㎝切開し、顕微鏡を見ながら脊髄を圧迫している病変を摘出する手術です。その後、椎間板もしくは椎体の摘出部分に人工骨や骨盤の一部を移植し固定します。 平均1~2時間ほどの手術となり、出血も20㏄以下で実施ができるため輸血も必要ありません。

メリット
  • 出血が少なく輸血がいらない
  • 再発の心配がない
  • 午前中の手術であれば夕方、午後の手術であれば翌日には歩行が許可される
  • 早ければ1週間ほどで退院できる
  • 保険診療
デメリット
  • 術後1ヵ月は安静が必要
  • 合併症として深部感染や脊髄・神経根損傷、術後血腫が起こる可能性がある
  • 事務作業でも復帰までに1ヵ月ほどかかる
  • 隣接椎間の再発に注意が必要
  • 傷口がやや目立つ

手術費用:保険適用

詳細な費用については、公式サイトに記載がありませんでした。
※入院費用については、包括医療費支払い制度(DPC)を採用

北海道整形外科記念病院の
名医師紹介

Doctor

藤谷正紀 医師

常勤顧問・名誉理事長を務める藤谷医師は、脊椎(首から腰)、骨粗しょう症、脊椎リウマチの専門医で、国際整形災害外科学会やアジア・パシフィック整形外科学会など、さまざまな学会にも所属しています。

経歴

昭和50年:北海道大学医学部整形外科助手
昭和53年:北海道整形外科記念病院勤務
平成1年:北海道整形外科記念病院副院長
平成19年:北海道整形外科記念病院副理事長
平成26年:北海道整形外科記念病院名誉理事長

所属学会

国際整形災害外科学会
アジア・パシフィック整形外科学会
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊髄障害医学会

     
北海道整形外科記念病院の基本情報
所在地 北海道札幌市豊平区平岸7条13丁目5-22
アクセス 地下鉄南北線「南平岸駅」より徒歩15分
※南平岸駅から中央バス約5分(下西岡線澄川駅前行・平岸7条14丁目停留所で下車)
電話番号 011-812-7001
診療時間 月~土曜日 8:30~11:30(土曜は11:00まで)、月曜 12:30~16:00
休診日 日曜・祝日

北海道整形外科記念病院の公式サイトはこちら

北海道整形外科記念病院に電話で問い合わせる

函館中央病院

日本脊椎脊髄病学会認定の指導医3名が在籍

函館中央病院HP
引用元:函館中央病院公式HP http://chubyou.com/

函館中央病院は、急性期医療への取り組みや、「断らない救急医療」を基本方針としている地域の基盤病院。誕生から80年余りの経験を活かし、常に新しい急性医療や難度医療の実践、さらに地域の福祉推進および公衆衛生の向上に日々つとめています。脊椎の外科手術には4名の専門医があたり、うち3名は日本脊椎脊髄病学会認定の脊椎脊髄外科指導医です。

メインで対応している

椎弓形成術

症例数:38
(2016年1月~2016年12月)

椎弓形成術とは

頸部の後方を10㎝ほど切開し、顕微鏡を見ながら頚椎椎弓を開いて空洞を広げます。空いた場所を人工骨で補い脊髄を除圧する手術です。頚椎の後ろにある頚椎椎弓を観音開きに拡大しますが、手術時間はだいたい2時間ほど。出血も100㏄以下となるのが一般的なので、高度な貧血がない限り輸血も必要ありません。

椎弓形成術イメージ
引用元:【参考イメージ】新小文字病院公式サイト 
http://center.shinkomonji-hp.jp/surgery/surgery01/
メリット
  • 出血が少なく輸血が必要ない
  • 再発が非常に少ない
  • 翌日にはソフトカラーを巻いて歩行が可能
  •  首の後ろを切開するので傷が目立ちにくい
デメリット
  • 術後1ヵ月は安静が必要
  • 事務作業でも復帰までに1ヵ月を要する
  • 深部感染や脊髄・神経根損傷などの合併症を起こす可能性がある
  • まれに頚椎が港湾変形する場合がある

手術費用:保険診療

3割負担の場合で50万円ほど

そのほかにかかる費用

入院費用はDPC(包括払い方式)を適用

函館中央病院の
名医師紹介

Doctor

金山 雅弘 医師

脊椎外科医として15年以上にわたり国内・海外で学んできた知識と臨床経験を生かし、 東京や札幌など大都市でなくても患者様が国際的な水準の医療を受けられるようにすることを第一に考えて日々 診療に当たっています。また、現在の治療レベルに満足せずに、最先端の医療を積極的に学ぶ姿勢も大切だと考 えています。最高の医療を提供するには、医師の高い診断能力や治療技術はもとより、看護・リハビリテーショ ンを含めた質の高い医療チームが必要です。患者様が安心して治療を受けられるよう、これまで以上に質の高い 医療チームづくりを心がけていきたいと思います。

経歴

平成8年 北海道大学大学院修了。医学博士
平成6年~9年 米国メリーランド州ユニオンメモリアル病院(ジョンス・ホプキンス大学関連施設)留学
札幌厚生病院、美唄労災病院、北海道大学病院などを経て
平成11年より 函館中央病院 整形外科
平成19年より 北海道大学 非常勤講師
平成20年より 北海道大学 客員准教授

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

     
函館中央病院の基本情報
所在地 北海道函館市本町33番2号
アクセス JR「函館駅」より市電:中央病院前下車(約15分)
函館バス:中央病院前下車(約15分)/タクシー(約10分)
電話番号 0138-52-1231
診療時間 月~土曜 9:00~11:30 13:30~16:00(土曜は午前中のみ)
休診日 日曜・祭日

函館中央病院の公式サイトはこちら

函館中央病院に電話で問い合わせる

我汝会 えにわ病院

世界的レベルの手術治療を実現する脊椎チーム

えにわ病院HP
引用元:えにわ病院公式HP http://www.eniwa-hosp.com/index.html

えにわ病院では「世界的レベルの手術治療の提供」をモットーに掲げており、4名の脊椎外科医のうち3名が日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、および全国でも数少ない脊椎脊髄外科指導医です。 脊椎手術の総数も多い病院。低侵襲な手術に積極的に取り組んでいます。また、関節に関する治療の実績も豊富で、リハビリ治療にも力を入れています。

メインで対応している

脊椎内視鏡下手術(頸椎内視鏡手術)

症例数:38
(2016年1月~12月)

脊椎内視鏡下手術とは

頚椎内視鏡下手術は、内視鏡を使用して頚椎ヘルニアや頚椎症性脊髄症を治療する体への負担が少ない低侵襲手術です。従来の手術では50~70㎜の傷口だったのに対し、頚椎内視鏡下手術ではわずか18~20㎜と小さく、入院期間も4~7日ほどと短いのが特徴です。

メリット
  • 傷口が18~20㎜と小さい
  • 体への負担が最小限に抑えられる
  • 入院期間が4~7日と短い
  • 早く社会復帰ができる
  • 一般的な切開手術に比べて感染率が低い
デメリット
  • 周囲組織を傷つける可能性がある
  • 高い技術が必要

手術費用:保険診療

3割負担の場合で25~30万円ほど

そのほかにかかる費用

入院費用はDPC(包括払い方式)を適用

我汝会 えにわ病院の
名医師紹介

Doctor

柳橋 寧 医師

柳橋寧整形外科部長は、北海道内にわずか2名しかいない日本整形外科学会認定の脊椎内視鏡下手術・技術認定医。患者さんとの対話を大切にしており、じっくり話を聞いたうえで最善の治療方法を考えるようにしています。

経歴

平成5年:北海道大学医学部卒業
同年4月:北海道大学医学部整形外科入局
平成21年:我汝会えにわ病院整形外科部長
平成30年:我汝会えにわ病院診療部長
平成31年:我汝会えにわ病院副院長

資格

日本整形外科専門医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎・脊髄外科指導医
日本整形外科 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎・脊髄外科専門医

     
我汝会 えにわ病院の基本情報
所在地 北海道恵庭市黄金中央2丁目1番地
アクセス JR恵庭駅東口前より徒歩30秒
電話番号 0120-33-2333
診療時間 午前8:30~11:30(第2土曜は11:00まで)、午後13:00~16:30
休診日 要確認(担当医師による)

我汝会 えにわ病院の公式サイトはこちら

我汝会 えにわ病院に電話で問い合わせる