頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 目指せ完治!頸椎椎間板ヘルニアの治療法 » 摘出手術

摘出手術

内視鏡や顕微鏡などを用いた、頸椎椎間板ヘルニアの摘出手術について紹介します。

頸椎椎間板ヘルニアの摘出手術

摘出手術は飛び出した髄核の一部を切除し、神経根への負荷を減らす手術です。

目視下で行うLOVE法や内視鏡、顕微鏡、X線などを用いた最新の手術法について解説します。

LOVE法(直視下で行う頸椎椎間板ヘルニアの摘出手術)

椎間板ヘルニア手術の約7割を占める最も知られた手術です。全身麻酔を行い、ヘルニア部分を数センチ切開。飛び出した髄核を除去します。

入院期間は1~3週間。保険適応なので自己負担が少ないのも特徴の一つです。

  • 手術時間:30分から1時間
  • 入院日数:1~3週間
  • 保険適応:10万円以下
  • メリット:自己負担が少ない。
  • デメリット:侵襲度が高いため、合併症や後遺症のリスクがある。傷口の治りが遅く入院日数が長い。再発する場合が約10%あると言われている。

MED法(内視鏡視下手術)

LOVE法ほぼ同じ方法ですが、内視鏡を使用します。そのため切開の幅が1.5~2cm傷が小さく、身体に負担が少ないというメリットがあります。

手術の流れは、全身麻酔をかけたあと背中の皮膚を切開して、内視鏡と外筒管を挿入します。

内視鏡のモニター画面を確認しながら髄核を摘出します。侵襲度が低いため、近年普及している手術法です。

  • 手術時間:30分~1時間
  • 入院日数:1~2週間
  • 保険適応:約25万円
  • メリット:傷痕が目立たない。術後の痛みが少なく、回復が早い。感染や合併症のリスクが低い。
  • デメリット:高度な医療技術が求められる。費用が高め。

MD法(顕微鏡視下手術)

全身麻酔を行って1.5cm~3cm程切開し、顕微鏡を使ってヘルニアを摘出する手術です。

高度な技術が求められるため手術できる病院は限られていますが、侵襲度が非常に低く身体にやさしい手術です。

  • 手術時間:40分から1時間
  • 入院日数:1~2週間
  • 保険適応:15~30万円
  • メリット:侵襲度が非常に低く、身体への負担が少ない。傷痕が目立たない。感染や合併症のリスクが低い。
  • デメリット:高度な医療技術が求められる。

PN法(経皮的髄核摘出術)

局所麻酔を行い、X線透視下 ( もしくはMR透視下 )で確認しながら皮膚を5mmほど切開して細い管を椎間板まで差し込みます。

その管に特殊な鉗子を通し、髄核を摘出する手術です。成功率は60~70%程度です。傷が小さいため後遺症が少なく、早ければ日帰りも可能です。

  • 手術時間:30分から1時間
  • 入院日数:0~2日間
  • 保険適応:10~20万円
  • メリット:侵襲度が非常に低く、身体への負担が少ない。傷痕が目立たない。感染や合併症のリスクが低い。
  • デメリット:高度な医療技術が求められる。成功率は60~70%程度。
手術で頸椎椎間板ヘルニアを治してくれるおすすめの病院5選
 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド