頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 目指せ完治!頸椎椎間板ヘルニアの治療法 » 手術以外の治療方法

手術以外の治療方法

頸椎椎間板ヘルニアの手術以外の保存治療(注射・理学療法・整体など)について解説します。

軽度の頸椎椎間板ヘルニアなら保存療法も

ヘルニアは自然に治ることもあります。そのため痛みの急性期を過ぎたら、一般的には保存療法や理学療法を行い経過を観察します。

ここでは、それぞれの治療法について詳しく紹介します。

強い痛みがでる急性期(2~3週間)の保存療法は、消炎・鎮痛剤などの薬物療法がまず行われます。

この時に痛みをとるブロック注射を行うこともあります。

急性期を過ぎたら、温熱療法や低周波治療、ストレッチなどを行います。

それでも痛みが続く場合は、平行して牽引療法等の理学療法も行うことがあります。また、整体や鍼灸などで効果が出ることもあります。

ただし、3か月ほどこれらの治療を行っても症状が改善せず、悪化するようなら手術も検討されます。また、保存療法は効果が出るまで時間がかかります。

痛みに耐えられない方、症状が重い方、完治を目指す方、早く社会復帰したい方は、信頼のおける病院で「手術」を受けることをお勧めします。

手術で頸椎椎間板ヘルニアを治してくれるおすすめの病院5選

頸椎椎間板ヘルニアの主な保存療法

  • 神経ブロック注射…ステロイド薬や局所麻酔を注射して痛みを緩和します。注射の場所により入院することもあります。
  • 薬物療法…筋弛緩薬や非ステロイド性の鎮痛薬を使用して痛みを抑えます。
  • 牽引療法…専用の機械を使って頭を釣り、首を伸ばす運動を繰り返します。頭の重さで頚椎にかかっていた負荷を軽減させ、ヘルニア部分の隙間を拡張させます。首周辺の筋肉をほぐす効果もあります。
  • 温熱療法…血行を促進して痛みを和らげます。
  • ストレッチ…首回りの筋肉を強化して、痛みが出にくい身体づくりを行います。
 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド