頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
痛みにさよなら!頸椎椎間板ヘルニアの完治に近づく治療法まとめ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド
頸椎椎間板ヘルニア治療でおすすめの病院一覧はこちら
気になる地域をクリック 北海道・東北 関東 近畿・中国・四国 九州
頸椎椎間板ヘルニアの治療ガイドHOME » 目指せ完治!頸椎椎間板ヘルニアの治療法 » 手術以外の治療方法

手術以外の治療方法

頸椎椎間板ヘルニアの手術以外の保存治療(注射・理学療法・整体など)について解説します。

軽度の頸椎椎間板ヘルニアなら保存療法も

ヘルニアは自然に治ることもあります。そのため痛みの急性期を過ぎたら、一般的には保存療法や理学療法を行い経過を観察します。

ここでは、それぞれの治療法について詳しく紹介します。

強い痛みがでる急性期(2~3週間)の保存療法は、消炎・鎮痛剤などの薬物療法がまず行われます。

この時に痛みをとるブロック注射を行うこともあります。

急性期を過ぎたら、温熱療法や低周波治療、ストレッチなどを行います。

それでも痛みが続く場合は、平行して牽引療法等の理学療法も行うことがあります。また、整体や鍼灸などで効果が出ることもあります。

ただし、3か月ほどこれらの治療を行っても症状が改善せず、悪化するようなら手術も検討されます。また、保存療法は効果が出るまで時間がかかります。

痛みに耐えられない方、症状が重い方、完治を目指す方、早く社会復帰したい方は、信頼のおける病院で「手術」を受けることをお勧めします。

手術で頸椎椎間板ヘルニアを治してくれるおすすめの病院5選

頸椎椎間板ヘルニアの主な保存療法

  • 神経ブロック注射…ステロイド薬や局所麻酔を注射して痛みを緩和します。注射の場所により入院することもあります。神経ブロック注射は、頚椎椎間板ヘルニアの症状による強い痛みを伴う人で、服薬での痛み止めを試みるも改善が見られない人に適しています。 服薬をしていない人でも、電気治療やマッサージなどを行っても痛みが緩和されない人、明らかに服薬では鎮痛効果がないと判断された場合も、神経ブロック注射を行います。 そのほか、手術の必要があるが、仕事の都合でしばらく入院できない人も、当座の痛みを緩和するために神経ブロック注射を行います。 神経ブロック注射は、一時的に痛みを緩和するのではなく、一定期間その効果が続くので、手術までの日常生活に支障が出ないように用いるのにはとても適しています。
  • 薬物療法…筋弛緩薬や非ステロイド性の鎮痛薬を使用して痛みを抑えます。薬物療法は、症状に応じて服薬の必要があると医師が判断した場合に用いられます。 神経ブロック注射を打つほどではないけれど、痛みを伴う場合には鎮痛薬を服薬しますし、神経の働きをよくする薬を服用し、症状の緩和を目指す場合もあります。 そのほか、筋肉作りに適していたり、頚椎椎間板ヘルニアの症状を緩和するために必要とされるビタミン剤を服用するなど、薬物療法を行うのに適した症状はさまざまです。
  • 牽引療法…専用の機械を使って頭を釣り、首を伸ばす運動を繰り返します。頭の重さで頚椎にかかっていた負荷を軽減させ、ヘルニア部分の隙間を拡張させます。首周辺の筋肉をほぐす効果もあります。牽引療法は理学療法のひとつで、椎間板が変形してしまっている人や、椎間板の圧迫によって痛みやしびれを感じている人に行われる治療です。 頸椎を牽引することで頸椎の位置を正常な状態に戻し、圧迫や変形を改善させることを目的としています。 頚椎椎間板ヘルニアの場合、牽引療法は効果が見られる場合と見られない場合があり、効果がない場合は症状を悪化させてしまう恐れもあるので、自己流の牽引療法は厳禁です。 医師が牽引療法が有効だと判断したときに、理学療法士の指導の下で行います。
  • 温熱療法…血行を促進して痛みを和らげます。温熱療法は、冷えや緊張などにより筋肉が固まってしまい、頚椎椎間板ヘルニアの痛みや症状が強くなっている場合に用いられます。 温めることで筋肉の緊張を解し、柔らかくすることで症状の緩和を目指します。 温熱療法のみで椎間板ヘルニアの症状が治るというのは難しいですが、保存療法に組み合わせることで効果が期待できます。
  • ストレッチ…首回りの筋肉を強化して、痛みが出にくい身体づくりを行います。ストレッチも温熱療法同様、筋肉の緊張によって頚椎椎間板ヘルニアの症状が悪化している場合に用いられます。 ストレッチをすることで適度に筋肉を動かし、緊張をほぐすことで症状の緩和を目指します。 ただし、頚椎椎間板ヘルニアの症状を抑えるには安静にしていることが重要なので、自己流でのマッサージは絶対に行ってはいけません。 マッサージは理学療法士の指導のもとで行うことが前提です。

参考:(PDF)頚椎症性神経根症(椎間板ヘルニア含む)の外科治療に関する指針[PDF]

保存療法のリスクについて

保存療法のもっとも大きなリスクは、治る場合でもかなりの時間が必要となることです。 保存療法を受けてすぐに痛みが緩和される、歩けるようになるということは難しいので、定期的に病院に通って治療を続け、少しずつ症状の改善を目指す形になります。

このため、症状が改善したと自覚できるまでには数ヶ月から1年以上かかることもあるようです。

手術を行わなければならないほど重度な症状は意外と少ないといわれていますが、手術を要する重度な症状でも、まずは保存療法から入るという病院がほとんどなので、無駄な治療を受けていると感じてしまう人もいるかもしれません。

また、保存療法は手術と比較すると体への負担は少ないですが、合わない方法を取り入れてしまうと効果が出なかったり、症状が悪化するなどのリスクがあります。

特に牽引療法は頚椎椎間板ヘルニアの場合、症状の悪化を招く恐れがあるので正しい診断をした上で行わなければなりません。

体に負担が掛からないからと適当な治療をするのではなく、医師がしっかりと診察と診断を行い、適切な保存療法を指定することが重要です。

整体で頸椎椎間板ヘルニアの治癒を目指す

頸椎椎間板ヘルニアは、各頸椎の間にある椎間板組織が破れることにより、神経を圧迫するトラブルです。老化による機能低下などが原因として挙げられますが、整体に通うことにより改善効果が見込める場合もあります。 頸椎椎間板ヘルニアは首周りに痛みを生じるトラブルで、自力でセルフケアを行うことによって改善することもいくらかは可能です。

しかしそれだけで痛みが治まらない場合には、整体で歪みを矯正しながら、ヘルニアの治療も同時進行していくと良いでしょう。

どのような場合に整体に通えばいいの?

頸椎椎間板ヘルニアにもレベルがあり、軽度なものから手術によって治療するケースまでさまざまです。 整体に通う方の中には、牽引治療や理学療法を受けても治らなかった方や、ブロック注射で改善が見込めなかった方などが多くみられます。

整体では首に本来備わっている生理的弯曲の回復が目的となりますので、前弯を取り戻すために人それぞれの症状や体のコンディションに応じて歪みなどを矯正していきます。

軽度のヘルニアの場合、牽引治療だけで回復するケースもみられますが、牽引だけで改善ができない場合は矯正治療を整体院で行うのが効果的と考えられます。 髄核の飛び出しが大きい方はしびれや激痛を伴うため、慎重に治療を進めていかなければなりません。その際は首や肩のバランスを診て、症状が軽いうちに矯正治療を施していきます。

ただし、頸椎椎間板ヘルニアの治療にはそれぞれの段階や症状に応じた治療が必要不可欠となります。 軽い肩こりのようなものが悪化していき、ヘルニアだったと分かるケースもありますので、症状が軽いうちは整体などで歪みを正し、症状が重くなった場合には病院で治療を行うようにしましょう。

整体に通っていても痛みに耐えられない場合、もしくはできるだけ早くに症状を軽くしたい場合には、信頼のおける専門医を受診し、必要に応じて治療を行うことをおすすめします。

頸椎椎間板ヘルニアの主な施術内容

頸椎椎間板ヘルニアの施術は、痛みを軽減する対症療法から本格的な根本治療までさまざまで、整体院によっても治療内容が異なります。 頸椎椎間板ヘルニアを根本的に改善するためには、筋肉を緩めてヘルニアを元に戻しながら、体の歪みも同時にケアしていく必要があります。

歪みを正して体の正常な循環を促し、患者さんご自身でも普段の姿勢のクセなどに注意しながら、時間をかけてじっくりとケアにあたります。

また、頸椎だけでなくその周辺とのバランスを取っていく方法や、首と腰の土台となる仙骨のバランスを整えるなどして、筋肉に負担をかけないようにほぐしていく治療も行います。また、必要にお浮いて肩甲骨を正しい位置に戻す操作も行われます。

人によってはこれらの治療を組み合わせることで数日で効果が出ることもありますし、定期的に治療に通う中で徐々に回復が見込める場合もあります。

いずれにしても、手術以外の治療方法ということで、 整体は体の歪みや姿勢をリセットするために必要不可欠と言えます。

頸椎椎間板ヘルニアは、患者さんのライフスタイルや姿勢のクセによって、首周りに負荷がかかるために引き起こされるトラブルです。 整体では問診の段階で患者さんのクセや体のバランスを見ながら、首や肩に負担のかからない方法で歪みを矯正します。仙骨や腰椎の弯曲を改善し、背骨の歪みや筋肉のバランスを正しながら、ヘルニアを軽減させる治療を行います。

治療は複数回にわたって行われますが、治療を終えた後(症状が改善した後)も定期的に通い、痛みが出てきた時にはそのつどメンテナンスを行うことをおすすめします。

どのような症状の人に適しているの?

頚椎椎間板ヘルニアの保存療法は、ヘルニアが脱出しているなど重度な症状が見られない人や、痛みやしびれなどの症状が現段階では小さい人。また、初めて頚椎椎間板ヘルニアの治療をするという人に適しています。

椎間板ヘルニアというと症状が重く、手術をしなければ治らないと考えてしまう人も少なくありません。

しかし、薬物療法や牽引療法などを続けることで症状が緩和されたり、ヘルニアが縮小したという事例はとても多いです。

これまで治療を受けたことがないという人は、まずは保存療法から入るケースがたくさん見られます。

ちなみに、日本整形外科学会における椎間板ヘルニアの診療ガイドラインでは、緊急な場合を除き、有効だと判断した保存療法を3ヶ月行った後に手術を進めることが推奨されています。

 
ページの先頭へ
頸椎椎間板ヘルニアを完治させるための治療ガイド