menu
頸椎椎間板ヘルニアの治療・手術ガイド » 手術別 頸椎椎間板ヘルニアで注目の病院リスト » 【MacF】品川志匠会病院

【MacF】品川志匠会病院

頸椎椎間板ヘルニアの治療として「MacF」を取り入れている病院、東京都品川区にある品川志匠会病院を紹介します。

首・腰専門・品川志匠会病院の頸椎椎間板ヘルニア治療とは

イメージ
引用元:志匠会HP http://www.shisyokai.jp/

品川志匠会病院は、2013年11月に開院した脊椎疾患に特化した手術を行う専門病院です。 日本脊椎脊髄病学会指導医の大田院長をはじめ、高度な技術を持った医師が在籍しており、看護師などスタッフの専門性も高いと評判です。そのため、セカンドオピニオンを目的とする人も少なくありません。

注目すべきは圧倒的な手術の実績。読売新聞社発行『病院の実力 2018年総合編』によると、品川志匠会病院の首・腰の手術数は、2017年1月~12月の1年間で総手術数1,267件、うち頸椎に関する手術は433件にのぼります。

主に行っている手術は、椎弓形成術、前方固定術、頸椎後方固定術、MacF(マックF)など。

なかでも大田院長の生涯執刀数が5,000例近くあるのに加え、梅林副院長や系列病院である新横浜スパインクリニック院長・葛西医師ら、在籍医師の生涯執刀数を合わせると、8,000例以上にも上ります。 高度な技術を駆使した丁寧な治療を受けられると口コミが徐々に広がり、全国から患者さんが訪れています。

品川志匠会病院で注目したい頸椎椎間板ヘルニア治療

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)

頚椎症性神経根症や頚椎椎間板ヘルニア(外側型)に対して、短期入院の低侵襲手術であるMacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)を取り入れています。前方からアプローチする椎間孔拡大術であり、後方アプローチでは難しいとされる、神経根を圧迫している骨棘やヘルニアをダイレクトに除去・除圧できるというメリットがあります。

MacF(顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術)の方法・流れ

  1. のどの横にしわに沿って3cmほど切開する。
  2. 頚椎前側に達したら、顕微鏡下で関節の一番はじに縦長の穴をドリルで開ける。このとき中央から反対側にかけて、なるべく多くの椎間板を温存する。
  3. 縦長の穴(キーホール)から神経根を圧迫している骨棘・椎間板ヘルニアをピンポイントで取り除く。患者さん自身の椎間板は8〜9割温存され、人工骨や金属による固定はおこなわない。
  4. 切開した皮下組織を吸収糸を使用して縫い合わせ、ダーマボンド(合成皮膚表面接着剤)で閉じる。

治療の所要時間・治療期間(回復までの期間)

入院期間は2~5日、術後3時間で歩行可能。翌日にはシャワー浴や外出も可能。

期待できる効果

  • 神経根の循環障害による強いしびれや痛みが手術直後から楽になる。
  • 数か月から2年間は症状の改善が期待できる。

治療のメリットデメリット

<メリット>

  • 原因を直接摘出できるため、神経根の循環障害による強いしびれや痛みが手術直後から楽になることが多い。
  • 数か月~2年間ほどは症状の改善が見込める。
  • 頚椎を削る量が少なく、人工骨等の移植が不要なため、術後に頚椎カラーなどで固定する必要がない。
  • 入院期間が短く(2~5日)、術後3時間で歩行可能であり、翌日には外出も可能。
  • 椎間板の端を一部削るのみであり、椎間板がほぼ温存されるため、術後も関節の機能をある程度保持できる。
  • 前方固定術よりも皮切が短く、抜糸の必要がない。
  • 低侵襲で先進的な治療法のなかでは珍しく、保険が適用される。

<デメリット(考えられるリスク・合併症)>

  • 関節の変形…頚椎を固定しない術式のため、術後に関節の変形を生じることがある
  • 眼瞼下垂…まれに、術後軽度の眼瞼下垂を生じることがある
  • 動脈出血…手術中に椎骨動脈の近くを削るため、動脈出血が起こることがきわめてまれにある(止血は可能)

費用

【保険診療】詳細な費用については、公式サイトに記載がありませんでした。

そのほかの頸椎椎間板ヘルニアの治療方法

椎弓形成術、前方固定術、後方固定術(C1-2)、後方固定術

品川志匠会病院の公式サイトはこちら

品川志匠会病院に電話で問い合わせる

品川志匠会病院、この医師に注目!

大田快児医師(院長/志匠会グループ理事長)

品川志匠会病院の院長である大田快児医師は、日本脊椎脊髄病学会指導医であり、豊富な実績と知識を備えている専門医で、豊富な執刀実績を持っています。

大田医師をはじめとする品川志匠会病院の医師は、患者さんの早期回復を考え、皮膚や筋肉の切開はできる限り小さくするよう心掛けています。そのため、顕微鏡を使った手術や、患者さんの体に負担が少ない低侵襲固定術という最小限の切開で経皮的に固定する手術を取り入れています。
ですが低侵襲にこだわらず、病態に合った手術方法を選択することが重要だと考え、「安全で確実な手術」を優先しています。

こうした、最新設備や最新の治療だけに限らない患者さんの安全を優先した治療をおこなう姿勢が、多くの患者さんに支持されている理由のひとつです。

大田快児医師の経歴

略歴

平成2年3月 卒業
岸和田徳洲会病院勤務
フジ虎ノ門整形外科病院診療部長
アイ整形外科クリニック院長
新横浜スパインクリニック院長

資格

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊椎病医
日本整形外科学会員
日本脊椎脊髄病学会員
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会員

品川志匠会病院の治療方針

品川志匠会病院では、患者さんの病態に合った、安心・確実な治療を第一に考えています。
患者さんは事前に病変部分の説明を受け、納得してから治療に入ることができます。保存療法についての説明はもちろん、どのレベルの治療がもっとも有効なのかを慎重に判断するため、安心して確実な治療に臨むことができます。

初期段階ではリハビリ・投薬での治療が主ですが、必要に応じてリハビリ・各種ブロック注射を併用。リハビリ・投薬・注射などの保存的治療をしても症状の改善がない場合は、手術を考慮します。

手術においては、皮膚や筋肉など日常生活に必要な組織へのダメージを最小限に抑え、安全で確実な手術を第一に考えていることも品川志匠会病院のこだわりです。

品川志匠会病院ではこのような保存療法や対症療法を含め、手術という治療も視野に入れながら、患者さんにとって最良な選択ができるようにさまざまな治療法を提案しています。

また、医師・看護師・看護助手・理学療法士などのスタッフ全員がチームを形成して行う「チーム医療」を重視しているという点も特徴的です。医師間で治療方針がバラバラになる心配がなく、全員が方針を統一してから治療に入ります。

品川志匠会病院の基本データ

     
品川志匠会病院
所在地 東京都品川区北品川1-29-7
アクセス 京浜急行線 「北品川駅」「新馬場駅」から 徒歩5分
JR線・京浜急行線「品川駅」から タクシー5分
りんかい線「 天王洲アイル駅」から タクシー8分
電話番号 03-5781-0700
治療実績 2017年1月~首・腰の手術数:総手術数1,267件、うち頸椎に関する手術433件(読売新聞社発行『病院の実力 2018年総合編』より)
対応している頚椎椎間板ヘルニアの治療方法 椎弓形成術、前方固定術、後方固定術(C1-2)、後方固定術。顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術(MacF:マックF)
診療科目 整形外科 リハビリテーション科 麻酔科
診療時間 (受付時間)8:00~12:00、14:00~17:00 ※月曜日午後のみ大田院長完全予約制
休診日 日曜日、祝日

品川志匠会病院の公式サイトはこちら

品川志匠会病院に電話で問い合わせる